松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

「のろぼんろく」にプロ野球の将来とテレビの未来が潰された

公開日: 更新日:

「いやあ、すごい試合でした! プロ野球の未来は明るいですね!」

 番組をバッサリ切り捨てた後に始まったのが、土曜ワイド劇場、顔の大きな、鼻の穴が上を向いたジイサマ橋爪功主演、
「天才刑事・野呂盆六⑨鬼・もう一人の女~本庁のコロンボ VS 記憶の消えた殺人犯 !! 脅迫状に印された赤い鬼 !? DNA鑑定が暴く父娘の秘密?美人秘書の涙に隠された真実」

 見なくても中身が分かる長大なタイトルの刑事ドラマだった。ガクガクと力が抜けた。すげえな、「本庁のコロンボ、天才刑事・のろぼんろく」だぞ!

 な~んだ、大谷の腰をガシッと支えて、「今日はそれぐらいでやめとけ」と囁いた犯人は、テレビ朝日だったのだ。

 プロ野球の将来を「天才刑事・本庁のコロンボ・野呂盆六」がかっさらったのだ!

 全国に、テレビの未来がないと知れ渡った瞬間だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る