松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

下品な議員どもに見習わせたいプロ野球ファンの健全なヤジ

公開日:  更新日:

■「ケータイ電話か!」

 東京都議会の本会議で、女性議員が都の晩婚出産対策について質問した際に、自民党の男議員が発したヤジ。
「おまえが結婚しろよ」
「産めないのか」

 これへ自民党議員席から愚劣な笑い声が湧き起こった。笑った議員どもは女性差別に同調したのだ。2020年東京オリンピックで、世界に平和で平等な都市をいかにつくり上げるかを必死に討議することを義務付けられた都議会という場所が、実はセクハラ、パワハラ、許せぬ悪辣(あくらつ)が言葉になって噴き出すのが日常茶飯事ということが、全国に知れ渡ったのだ。

 この国の政治は男が牛耳っている封建社会。表立っては女性の社会進出や男女平等をうたい、女性大臣など登用するが、だいたいは閑職で、余り物を寄せ集めて押し付ける。議長は質問者を「○○君」と指名するのが前例で、衆議院議長が土井たか子になった時に初めて男女分け隔てずに「○○さん」と指名したのが話題となったほど。「女は産む機械」と公言した大臣までのさばる、男のポマードとワキガの臭いが議場に充満する場所だ。それは地層のように積み重なって全国の議会にまで及んでいる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る