松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

「のろぼんろく」にプロ野球の将来とテレビの未来が潰された

公開日: 更新日:

 これ、わたくしの夢の中の話である。

 それぐらいものすごい試合だった。快刀乱麻の大谷、変化球でキリキリ舞いさせる金子に、セ・リーグも負けていない。坂本や堂林もホームランを打って対抗する。まさに真夏の祭典は燃え上がった。試合後のMVPは誰だ? アナウンサーもハイテンションで再三言った。

「このゲームは中継時間を延長してお送りします」

 そらそうだろ! 第1戦は七回で中継を打ち切る暴挙に出てファンの怒りを買ったテレビ朝日だ。以後予定されている番組は、順次ずらして放送するがいい、二の轍は踏まぬはず。

 しかし、同じ轍を踏んだ。

「たいっっへん残念ですが、放送時間がなくなりました」

 放送席に居並ぶ解説の古田敦也、工藤公康、お祭り野球にゃ必ず出張るSMAPの中居、揃って、

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    片山杜秀氏 日本は“束ねられる”ファシズム化が進んでいる

  2. 2

    巨人菅野の深刻一発病なぜ? 本人や相手打者ら8人に総直撃

  3. 3

    人気定着だから見えてきた カーシェアの「残念な点」3つ

  4. 4

    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

  5. 5

    “ヨン様そっくり”ぺよん潤 芸人仕事と兼ねる意外な副業

  6. 6

    シーズン中に異例の発表 G上原を引退に追い込んだ球威不足

  7. 7

    レオパレス21も標的 旧村上ファンド系が次に狙う会社は?

  8. 8

    嫌われアナ1位に浮上 テレ朝・弘中綾香アナ“鋼のメンタル”

  9. 9

    トランプが千秋楽観戦で…正面マス席1000席確保の大困惑

  10. 10

    首位要因は丸だけ?当事者に聞いた原巨人と由伸時代の違い

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る