松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

IOC東京五輪視察のデキレース 招致演説は何だったのか

公開日:  更新日:

 先週、IOCのコーツ委員長一行が来日して2020年東京オリンピック・パラリンピックの現場を視察した。

 猪瀬前知事が広げた風呂敷、半径8キロ以内に全ての競技施設があるコンパクトなオリンピック! という約束をちゃぶ台返しでひっくり返し、既成会場の利用も含めた予算のかからぬ現実的な案に変更したいという申し出をIOCがどう思うか? が焦点だった。

「招致条件を破るのか? 約束が違う!」ぐらいのことは言い張るんじゃないかと思っていた。ふたを開けてみれば、

「あいよ分かった。チャッチャと決めてやってね。各競技団体の了承を取り付けるのは忘れないように」

 拍子抜け、ズッコケ、……じゃあの力み返った招致演説、国際都市東京は財布を落としても返ってくるだの、放射能は福島第1の港内300メートルで完全にアンダーコントロールされているだの嘘八百を並べ立てた、ありゃ何だったのか? IOCも、もうちょっと招致条件に厳しく注文を付けるのかと思っていた。風呂敷を広げた猪瀬の気持ちを斟酌する気はないが、なんだかなあ?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

もっと見る