松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

IOC東京五輪視察のデキレース 招致演説は何だったのか

公開日:  更新日:

 先週、IOCのコーツ委員長一行が来日して2020年東京オリンピック・パラリンピックの現場を視察した。

 猪瀬前知事が広げた風呂敷、半径8キロ以内に全ての競技施設があるコンパクトなオリンピック! という約束をちゃぶ台返しでひっくり返し、既成会場の利用も含めた予算のかからぬ現実的な案に変更したいという申し出をIOCがどう思うか? が焦点だった。

「招致条件を破るのか? 約束が違う!」ぐらいのことは言い張るんじゃないかと思っていた。ふたを開けてみれば、

「あいよ分かった。チャッチャと決めてやってね。各競技団体の了承を取り付けるのは忘れないように」

 拍子抜け、ズッコケ、……じゃあの力み返った招致演説、国際都市東京は財布を落としても返ってくるだの、放射能は福島第1の港内300メートルで完全にアンダーコントロールされているだの嘘八百を並べ立てた、ありゃ何だったのか? IOCも、もうちょっと招致条件に厳しく注文を付けるのかと思っていた。風呂敷を広げた猪瀬の気持ちを斟酌する気はないが、なんだかなあ?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  4. 4

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  7. 7

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    日大医学部“裏口入学”問題…逆ギレ学部長の呆れた言い訳

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る