松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

IOC東京五輪視察のデキレース 招致演説は何だったのか

公開日: 更新日:

 先週、IOCのコーツ委員長一行が来日して2020年東京オリンピック・パラリンピックの現場を視察した。

 猪瀬前知事が広げた風呂敷、半径8キロ以内に全ての競技施設があるコンパクトなオリンピック! という約束をちゃぶ台返しでひっくり返し、既成会場の利用も含めた予算のかからぬ現実的な案に変更したいという申し出をIOCがどう思うか? が焦点だった。

「招致条件を破るのか? 約束が違う!」ぐらいのことは言い張るんじゃないかと思っていた。ふたを開けてみれば、

「あいよ分かった。チャッチャと決めてやってね。各競技団体の了承を取り付けるのは忘れないように」

 拍子抜け、ズッコケ、……じゃあの力み返った招致演説、国際都市東京は財布を落としても返ってくるだの、放射能は福島第1の港内300メートルで完全にアンダーコントロールされているだの嘘八百を並べ立てた、ありゃ何だったのか? IOCも、もうちょっと招致条件に厳しく注文を付けるのかと思っていた。風呂敷を広げた猪瀬の気持ちを斟酌する気はないが、なんだかなあ?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  2. 2

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  3. 3

    江角、滝クリ、国仲…“22歳差婚”武田真治の華麗なモテ遍歴

  4. 4

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  5. 5

    コロナ利用の自分ファースト “女帝”圧勝の内幕と今後<前>

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    緊急寄稿・石井妙子 小池再選を生んだメディアの忖度気質

  8. 7

    木下優樹菜が活動再開から1週間足らず…芸能界引退の真相

  9. 8

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  10. 9

    12時間以上粘り一八の話を聞き出すも…やっさんが顔に水を

  11. 10

    巨人サンチェス3回降板にブ然 原監督“怒り投手交代”の波紋

もっと見る