“条件”に満たない豪栄道を大関に昇進させた相撲協会の思惑

公開日:  更新日:

 カップラーメンさながらに、簡単に大関が出来上がった。

 横綱白鵬の優勝で幕を閉じた名古屋場所。そんな中、あっという間に大関昇進が確定したのが、関脇の豪栄道(28)だ。

 大関昇進の目安は3場所33勝以上。豪栄道は前2場所で20勝とはいえ、先場所は8勝しかしていない。この時点で、今場所の大関とりは消滅したと誰もが思っていた。

 それが14日目に11勝目を挙げると突然、審判部が「千秋楽も勝って12勝なら、3場所33勝に1勝足りないが昇進の話も出てくる」と言及。すると、とんとん拍子に話が決まり、この日(27日)、琴奨菊を下すや事実上の昇進が決まったのだ。現地で取材する記者が言う。

「報道陣も何が何やらという感じですよ。豪栄道に非はないが、腑に落ちないことばかり。いくらここ2場所で横綱に3回勝っているとはいえ、先場所8勝。しかも大関とりのプレッシャーがないまま昇進。これでは過去、大関とりに挑戦して果たせなかった力士は何だったのかとなりかねない」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  3. 3

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  4. 4

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  7. 7

    世論調査で内閣支持率一斉下落…肝いり政策がそろって不評

  8. 8

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  9. 9

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  10. 10

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

もっと見る