“条件”に満たない豪栄道を大関に昇進させた相撲協会の思惑

公開日:  更新日:

 カップラーメンさながらに、簡単に大関が出来上がった。

 横綱白鵬の優勝で幕を閉じた名古屋場所。そんな中、あっという間に大関昇進が確定したのが、関脇の豪栄道(28)だ。

 大関昇進の目安は3場所33勝以上。豪栄道は前2場所で20勝とはいえ、先場所は8勝しかしていない。この時点で、今場所の大関とりは消滅したと誰もが思っていた。

 それが14日目に11勝目を挙げると突然、審判部が「千秋楽も勝って12勝なら、3場所33勝に1勝足りないが昇進の話も出てくる」と言及。すると、とんとん拍子に話が決まり、この日(27日)、琴奨菊を下すや事実上の昇進が決まったのだ。現地で取材する記者が言う。

「報道陣も何が何やらという感じですよ。豪栄道に非はないが、腑に落ちないことばかり。いくらここ2場所で横綱に3回勝っているとはいえ、先場所8勝。しかも大関とりのプレッシャーがないまま昇進。これでは過去、大関とりに挑戦して果たせなかった力士は何だったのかとなりかねない」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  8. 8

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る