“条件”に満たない豪栄道を大関に昇進させた相撲協会の思惑

公開日: 更新日:

 カップラーメンさながらに、簡単に大関が出来上がった。

 横綱白鵬の優勝で幕を閉じた名古屋場所。そんな中、あっという間に大関昇進が確定したのが、関脇の豪栄道(28)だ。

 大関昇進の目安は3場所33勝以上。豪栄道は前2場所で20勝とはいえ、先場所は8勝しかしていない。この時点で、今場所の大関とりは消滅したと誰もが思っていた。

 それが14日目に11勝目を挙げると突然、審判部が「千秋楽も勝って12勝なら、3場所33勝に1勝足りないが昇進の話も出てくる」と言及。すると、とんとん拍子に話が決まり、この日(27日)、琴奨菊を下すや事実上の昇進が決まったのだ。現地で取材する記者が言う。

「報道陣も何が何やらという感じですよ。豪栄道に非はないが、腑に落ちないことばかり。いくらここ2場所で横綱に3回勝っているとはいえ、先場所8勝。しかも大関とりのプレッシャーがないまま昇進。これでは過去、大関とりに挑戦して果たせなかった力士は何だったのかとなりかねない」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  4. 4

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  5. 5

    広瀬すず「母性ダダ漏れ」と意欲…朝ドラ“初母親”への心配

  6. 6

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  7. 7

    北海道知事選で“客寄せ” 進次郎議員の露骨な「争点隠し」

  8. 8

    巨人“脆弱な救援陣”で開幕へ…昨季二の舞へ致命的とOB指摘

  9. 9

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

  10. 10

    テレ朝でニュース番組司会 中居正広“当面残留”の将来設計

もっと見る