原監督の猫の目打線に巨人選手も「今日、オレ何番?」と皮肉

公開日: 更新日:

 ヒドい負け方だった。DeNAに1-9で敗れた29日の試合、巨人は先発の沢村が五回途中7失点でKOされれば、打線もわずか4安打1得点と沈黙。試合後の原監督は、5回すべてで先頭打者を出塁させた沢村を「フォローのしようがない」と切り捨てると、攻撃陣については「打線も良さがなかなか出てきませんね」と嘆いた。

 この日は、後半戦から4番を任せていた長野を打撃不振を理由にあっさりとスタメンから外し、そこにベテランの高橋由を起用。チーム内からも「選手が試合前に、『オレ、きょうは何番だったっけ?』と皮肉交じりに言い合っている状態ですから、打線がつながるわけがありませんよ」と猫の目打線に対する不満と批判が出始めているにもかかわらず、性懲りもなくメンバーを動かしまくる。唯一の得点は途中出場した長野のソロ本塁打というのだから、精彩を欠いているのは打線ではなく原采配の方である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  3. 3

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  4. 4

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  5. 5

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  6. 6

    10連休GWの小遣い稼ぎに「3月高配当」21銘柄いまから狙う

  7. 7

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  8. 8

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  9. 9

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

  10. 10

    AKBグループを蝕む“大企業病” 運営側グタグタ会見で露呈

もっと見る