原監督の猫の目打線に巨人選手も「今日、オレ何番?」と皮肉

公開日:  更新日:

 ヒドい負け方だった。DeNAに1-9で敗れた29日の試合、巨人は先発の沢村が五回途中7失点でKOされれば、打線もわずか4安打1得点と沈黙。試合後の原監督は、5回すべてで先頭打者を出塁させた沢村を「フォローのしようがない」と切り捨てると、攻撃陣については「打線も良さがなかなか出てきませんね」と嘆いた。

 この日は、後半戦から4番を任せていた長野を打撃不振を理由にあっさりとスタメンから外し、そこにベテランの高橋由を起用。チーム内からも「選手が試合前に、『オレ、きょうは何番だったっけ?』と皮肉交じりに言い合っている状態ですから、打線がつながるわけがありませんよ」と猫の目打線に対する不満と批判が出始めているにもかかわらず、性懲りもなくメンバーを動かしまくる。唯一の得点は途中出場した長野のソロ本塁打というのだから、精彩を欠いているのは打線ではなく原采配の方である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  9. 9

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  10. 10

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

もっと見る