原監督の猫の目打線に巨人選手も「今日、オレ何番?」と皮肉

公開日: 更新日:

 ヒドい負け方だった。DeNAに1-9で敗れた29日の試合、巨人は先発の沢村が五回途中7失点でKOされれば、打線もわずか4安打1得点と沈黙。試合後の原監督は、5回すべてで先頭打者を出塁させた沢村を「フォローのしようがない」と切り捨てると、攻撃陣については「打線も良さがなかなか出てきませんね」と嘆いた。

 この日は、後半戦から4番を任せていた長野を打撃不振を理由にあっさりとスタメンから外し、そこにベテランの高橋由を起用。チーム内からも「選手が試合前に、『オレ、きょうは何番だったっけ?』と皮肉交じりに言い合っている状態ですから、打線がつながるわけがありませんよ」と猫の目打線に対する不満と批判が出始めているにもかかわらず、性懲りもなくメンバーを動かしまくる。唯一の得点は途中出場した長野のソロ本塁打というのだから、精彩を欠いているのは打線ではなく原采配の方である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  2. 2

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  3. 3

    江角、滝クリ、国仲…“22歳差婚”武田真治の華麗なモテ遍歴

  4. 4

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  5. 5

    コロナ利用の自分ファースト “女帝”圧勝の内幕と今後<前>

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    緊急寄稿・石井妙子 小池再選を生んだメディアの忖度気質

  8. 7

    木下優樹菜が活動再開から1週間足らず…芸能界引退の真相

  9. 8

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  10. 9

    12時間以上粘り一八の話を聞き出すも…やっさんが顔に水を

  11. 10

    巨人サンチェス3回降板にブ然 原監督“怒り投手交代”の波紋

もっと見る