藤原正彦氏がピタリ言い当てた日本サッカーが勝てない理由

公開日: 更新日:

 その指摘に膝を打ったファンも多かったことだろう。

 数学者で「国家の品格」など、多くの著書がある藤原正彦氏(71=お茶の水女子大名誉教授)は、サッカー少年だったという。だからサッカーに詳しいのだろう。週刊新潮の連載コラム「管見妄語」(7月31日号)において、W杯に惨敗した日本の欠陥をズバリ突いていた。要約するとこうである。

 まったく守備をしない怠惰なメッシが世界一の名選手と言われるのは、確実なシュート力もあるが、際立ったダッシュ力。

 本田が才能を発揮しきれないのはダッシュ力に欠けるからだ。

 日本の致命的欠陥はここ50年間、何はさておき守備陣のダッシュ力の欠如。世界の速いフォワードは50メートルを6秒そこそこで走る。6秒5のバックスでは10メートル並走しただけで80センチも先に出られてしまう。勝負にならないから反則で止めるしかない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    木下優樹菜に仕事なくても給料払うと申し出た事務所の温情

  3. 3

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  4. 4

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  5. 5

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  6. 6

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  7. 7

    星野佳路氏 コロナと共生“マイクロツーリズム”で生き抜く

  8. 8

    厚労省が研究開始 7%が苦しむ新型コロナ「後遺症」の深刻

  9. 9

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  10. 10

    マック鈴木さん 手探りのマイナーからデビューまでを語る

もっと見る