日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

メジャー4勝目のマキロイ 絶好調の“活力源”は「新しい恋人」

 ローリー・マキロイ(25=英国)が強い。7月の全英オープンから3戦全勝し、全米プロに勝ってメジャー2連勝。25歳3カ月でのメジャー通算4勝は近代ゴルフになってT・ウッズ、J・ニクラスに次ぐ史上3番目の若さだ。

 昨年は用具契約を変更したことで不振にあえぎ、未勝利に終わったものの、交際中だった女子プロテニスのキャロライン・ウォズニアッキ(24)との婚約を今年1月に発表するなど、私生活は順調だった。ところが挙式直前の5月になって突然婚約を破棄し、世間を驚かせた。

 さぞかし傷心かと思われたが、ウォズニアッキと別れるとゴルフ成績は上向き、直後のBMW選手権で今季初勝利を挙げると、7月の全英オープンから3連勝と絶好調。世界ランク1位にも返り咲いた。

 マキロイも「僕にとって(彼女との別れは)プラスに作用した。ゴルフ練習にかける時間が長くなり、集中力が高まった」と答えている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事