巨人の窮地救った“ローテ7番目”小山は年俸1800万円

公開日: 更新日:

 巨人の窮地を救ったのは、ずっと埋もれていた右腕だった。

 2位阪神に0・5ゲーム差に詰め寄られて迎えた昨13日の首位攻防戦第2ラウンド。負ければ6月7日以来の首位陥落となる巨人は、先発した小山雄輝(25)が阪神打線を七回途中まで5安打1失点に抑えて4勝目(0敗)。原監督も「立ち上がりが上手ではないが、今日は積極的に自分の投球をしようという、いいものが出た」と及第点を与える内容だった。

「谷間」の男だった。今季は二軍スタート。ローテーションの谷間だった5月25日の日本ハム戦で初登板初勝利を挙げた翌日、登録を抹消された。その後、交流戦で好投しても、日程の都合で一軍と二軍を行ったり来たり。便利屋というか、要は使い勝手のよい男。原監督は先月、小山を「日程とか、なかなかいい状態で投げさせてあげられていないけど、方向的にはいいと思う」と、独特な言い回しでねぎらった。

■費用対効果抜群の貢献度

 大府高(愛知)、天理大を経て10年のドラフト4位で入団。昨季まで3年間でわずか2勝。いずれも誰かの代役として谷間を埋めた勝利だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    西武・山田遥楓の素性と評判 妻が同僚・源田の元アイドル妻への誹謗中傷騒動

    西武・山田遥楓の素性と評判 妻が同僚・源田の元アイドル妻への誹謗中傷騒動

  2. 2
    阪神次期監督への“注文”が早くも現場やOBから…鳥谷敬氏の持論には賛同の声あがる

    阪神次期監督への“注文”が早くも現場やOBから…鳥谷敬氏の持論には賛同の声あがる

  3. 3
    元ロッテ村田兆治容疑者 羽田空港で暴行逮捕…引退後もあちこちで目立った傍若無人ぶり

    元ロッテ村田兆治容疑者 羽田空港で暴行逮捕…引退後もあちこちで目立った傍若無人ぶり

  4. 4
    巨人フロントが温める原監督の“解任”条件 ファンは退陣求めるも自ら辞める気サラサラなし

    巨人フロントが温める原監督の“解任”条件 ファンは退陣求めるも自ら辞める気サラサラなし

  5. 5
    日本ハム中田翔「暴力事件」一部始終とその深層 後輩投手の顔面にこうして拳を振り上げた

    日本ハム中田翔「暴力事件」一部始終とその深層 後輩投手の顔面にこうして拳を振り上げた

  1. 6
    旧統一教会が“金欠”に…最大の収入減「合同結婚式」参加者激減、大慌てで希望者募る

    旧統一教会が“金欠”に…最大の収入減「合同結婚式」参加者激減、大慌てで希望者募る

  2. 7
    2022年ドラフト高卒選手の「隠し球」はこの3人 “流しのブルペン捕手”がイチオシ

    2022年ドラフト高卒選手の「隠し球」はこの3人 “流しのブルペン捕手”がイチオシ

  3. 8
    福山雅治9年ぶり「ガリレオ」シリーズ復活の裏の“打算”…映画「沈黙のパレード」公開中

    福山雅治9年ぶり「ガリレオ」シリーズ復活の裏の“打算”…映画「沈黙のパレード」公開中

  4. 9
    旧統一教会側が質疑応答でTBS金平茂紀氏に感情露わ! あまりの興奮ぶりに総ツッコミ状態

    旧統一教会側が質疑応答でTBS金平茂紀氏に感情露わ! あまりの興奮ぶりに総ツッコミ状態

  5. 10
    G山口俊の酒乱癖を古巣DeNAナインが証言「飲み方が汚い」

    G山口俊の酒乱癖を古巣DeNAナインが証言「飲み方が汚い」