巨人の窮地救った“ローテ7番目”小山は年俸1800万円

公開日: 更新日:

 巨人の窮地を救ったのは、ずっと埋もれていた右腕だった。

 2位阪神に0・5ゲーム差に詰め寄られて迎えた昨13日の首位攻防戦第2ラウンド。負ければ6月7日以来の首位陥落となる巨人は、先発した小山雄輝(25)が阪神打線を七回途中まで5安打1失点に抑えて4勝目(0敗)。原監督も「立ち上がりが上手ではないが、今日は積極的に自分の投球をしようという、いいものが出た」と及第点を与える内容だった。

「谷間」の男だった。今季は二軍スタート。ローテーションの谷間だった5月25日の日本ハム戦で初登板初勝利を挙げた翌日、登録を抹消された。その後、交流戦で好投しても、日程の都合で一軍と二軍を行ったり来たり。便利屋というか、要は使い勝手のよい男。原監督は先月、小山を「日程とか、なかなかいい状態で投げさせてあげられていないけど、方向的にはいいと思う」と、独特な言い回しでねぎらった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    組織委・武藤事務総長またトンデモ発言!五輪コロナ感染264人を「想定内」と豪語し大炎上

  2. 2

    秋篠宮ご夫妻は事態打開に動かず…眞子さまの実の母よりも小室ママにやさしい態度がネックに?

  3. 3

    草津町議だった新井祥子さん 性的被害告発でリコール失職、海外メディアも注目したその後は…

  4. 4

    【競泳】無冠の瀬戸大也が現役続行 今後は海外でコツコツと賞金稼ぎの旅

  5. 5

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  6. 6

    「水泳ニッポン」自国開催で大惨敗…瀬戸不振、日本水連の甘さ、平井HCの処遇に影響も

  7. 7

    懸念が一転!眞栄田郷敦の高校生役がハマった痛快コミカル劇「プロミス・シンデレラ」

  8. 8

    瀬戸大也と大坂なおみの敗退で生じた「アスリートに人間性は必要か?」という問い

  9. 9

    韓国テレビ局MBCが東京五輪報道で“珍プレー”連発…「国の恥」と最も怒ったのは韓国人だった

  10. 10

    有村架純と大相撲・明生関に交際情報 所属事務所が“強烈かち上げ”激怒の全否定

もっと見る