巨人の窮地救った“ローテ7番目”小山は年俸1800万円

公開日: 更新日:

 巨人の窮地を救ったのは、ずっと埋もれていた右腕だった。

 2位阪神に0・5ゲーム差に詰め寄られて迎えた昨13日の首位攻防戦第2ラウンド。負ければ6月7日以来の首位陥落となる巨人は、先発した小山雄輝(25)が阪神打線を七回途中まで5安打1失点に抑えて4勝目(0敗)。原監督も「立ち上がりが上手ではないが、今日は積極的に自分の投球をしようという、いいものが出た」と及第点を与える内容だった。

「谷間」の男だった。今季は二軍スタート。ローテーションの谷間だった5月25日の日本ハム戦で初登板初勝利を挙げた翌日、登録を抹消された。その後、交流戦で好投しても、日程の都合で一軍と二軍を行ったり来たり。便利屋というか、要は使い勝手のよい男。原監督は先月、小山を「日程とか、なかなかいい状態で投げさせてあげられていないけど、方向的にはいいと思う」と、独特な言い回しでねぎらった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  2. 2

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  3. 3

    中国の“弱点”三峡ダムが決壊の危機…世界中で株価の暴落も

  4. 4

    ガッキー知人が悩み明かす「実年齢とのギャップに違和感」

  5. 5

    老舗経済誌が安倍首相批判を特集した理由 編集長に聞いた

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    韓国俳優と熱愛報道 綾瀬はるかが亡父に誓った結婚の執念

  8. 7

    昭和の俳優はビクともせず…不倫取材の核は「本妻」にあり

  9. 8

    久米宏は日本のテレビやラジオにまだ必要だ

  10. 9

    西村コロナ担当相がイラつき激高 “逆ギレ会見”に批判殺到

  11. 10

    安倍首相「自画自賛ウソ会見」と何も突っ込まないお粗末記者

もっと見る