巨人の窮地救った“ローテ7番目”小山は年俸1800万円

公開日:  更新日:

 巨人の窮地を救ったのは、ずっと埋もれていた右腕だった。

 2位阪神に0・5ゲーム差に詰め寄られて迎えた昨13日の首位攻防戦第2ラウンド。負ければ6月7日以来の首位陥落となる巨人は、先発した小山雄輝(25)が阪神打線を七回途中まで5安打1失点に抑えて4勝目(0敗)。原監督も「立ち上がりが上手ではないが、今日は積極的に自分の投球をしようという、いいものが出た」と及第点を与える内容だった。

「谷間」の男だった。今季は二軍スタート。ローテーションの谷間だった5月25日の日本ハム戦で初登板初勝利を挙げた翌日、登録を抹消された。その後、交流戦で好投しても、日程の都合で一軍と二軍を行ったり来たり。便利屋というか、要は使い勝手のよい男。原監督は先月、小山を「日程とか、なかなかいい状態で投げさせてあげられていないけど、方向的にはいいと思う」と、独特な言い回しでねぎらった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  10. 10

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

もっと見る