日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

悪評でもファン納得 アギーレに「トルシエ的」センスあるか?

 日本サッカー界の中から「果たしてアギーレ新監督はトルシエになれるのだろうか……」という声が聞こえてくる。

 98年W杯仏大会に出場した日本代表は1分け2敗の惨敗に終わり、4年後の地元開催W杯・日韓大会はフランス人監督のフィリップ・トルシエ(59)の手に委ねられた。

 このトルシエ、平気で人種差別的な物言いはするし、思い通りにコトが進まないとヒステリックに当たり散らすという、エキセントリックな人物だったのは、日本代表ファンなら知っている。就任前の監督実績にも乏しいトルシエだったが、代表監督に必要なは「旬の選手を見抜いて抜擢する」能力においては、慧眼の持ち主だった。

■鈴木隆行の目を見て先発を決めた

 01年に開催された日韓W杯のプレ大会・コンフェデ杯では、こんなエピソードがある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事