日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

誰もがクビひねった アギーレ監督の選手選考、起用の過去

 新生アギーレ・ジャパンの代表メンバーは28日に発表され、来月5日のウルグアイ戦(札幌)と9日のベネズエラ戦(横浜)に臨む。アギーレ監督は今週末のJリーグから視察をスタート。時間的な制約もあってブラジルW杯メンバーが中心となるだろうが5人程度の若手が加わる可能性もある。

 G大阪で定位置確保のDF西野貴治(20)、鹿島で先発を続けているDF植田直通(19)、川崎のテクニシャンMF大島僚太(21)、フィジカルとスピード自慢の新潟FW鈴木武蔵(20)ら五輪組が、アギーレ・ジャパンの初陣でデビューする可能性もゼロではない。

「オサスナ、Aマドリードなどのクラブでもメキシコ代表でも若手を抜擢することが多く、チーム内に競争原理を植え付けるタイプ。ただし、不可解な選手選考、起用法も多くて『日本代表をグチャグチャにしてしまうのでは?』と懸念する声も聞こえてくる」と某マスコミ関係者がこう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事