日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

アギーレ日本始動も…手倉森コーチに“潤滑油”不適任の懸念

 アギーレ・ジャパンの外国人コーチ3人が14日に来日した。

 イングランド人のスチュワート・ゲリング(40)は、典型的な戦術オタクもっぱら。スペイン人のフィジカルコーチ、フアン・イリバレン・モラス(47)は、アギーレが監督を務めていたアトレチコ・マドリード、エスパニョールなどで10年以上ともに仕事をしており、腹心中の腹心だ。GKコーチのスペイン人、リカルド・ロペス・フェリペ(42)はオサスナ時代に師弟関係の間柄。02年日韓W杯のスペイン代表メンバーでもあった。15日には、日本代表コーチを兼任する手倉森誠・五輪代表監督(46)を含めて、第1回の日本代表スタッフ会議が行われる。

 ようやくアギーレ・ジャパンが本格的に始動することになるが、これで体制が万全かといえば、決してそうとはいえない。

 前監督のザッケローニは日本人コーチを嫌がり、言葉が通じないこともあって選手たちとの間にコミュニケーション不足が生じ、それがW杯惨敗の要因のひとつに挙げられた。そこで今回、サッカー協会の要望で手倉森氏が五輪代表とA代表兼任で入閣したが、選手たちとの“潤滑油”役は期待できないという声があるからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事