アギーレ日本始動も…手倉森コーチに“潤滑油”不適任の懸念

公開日:  更新日:

 アギーレ・ジャパンの外国人コーチ3人が14日に来日した。

 イングランド人のスチュワート・ゲリング(40)は、典型的な戦術オタクもっぱら。スペイン人のフィジカルコーチ、フアン・イリバレン・モラス(47)は、アギーレが監督を務めていたアトレチコ・マドリード、エスパニョールなどで10年以上ともに仕事をしており、腹心中の腹心だ。GKコーチのスペイン人、リカルド・ロペス・フェリペ(42)はオサスナ時代に師弟関係の間柄。02年日韓W杯のスペイン代表メンバーでもあった。15日には、日本代表コーチを兼任する手倉森誠・五輪代表監督(46)を含めて、第1回の日本代表スタッフ会議が行われる。

 ようやくアギーレ・ジャパンが本格的に始動することになるが、これで体制が万全かといえば、決してそうとはいえない。

 前監督のザッケローニは日本人コーチを嫌がり、言葉が通じないこともあって選手たちとの間にコミュニケーション不足が生じ、それがW杯惨敗の要因のひとつに挙げられた。そこで今回、サッカー協会の要望で手倉森氏が五輪代表とA代表兼任で入閣したが、選手たちとの“潤滑油”役は期待できないという声があるからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  4. 4

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  5. 5

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  6. 6

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  7. 7

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

  8. 8

    ハゲタカ勢も虎視眈々 日産vsルノーついに始まる株争奪戦

  9. 9

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  10. 10

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

もっと見る