中学時代のチームメートが語る盛岡大付・松本の意外な素顔

公開日: 更新日:

野球に関しては本当にマジメなヤツです」

 今秋ドラフト1位候補の右腕・松本裕樹(盛岡大付、183センチ、80キロ、右投げ左打ち)について、こう話すのは控え野手で中学時代、瀬谷ボーイズ(神奈川)でもチームメートだった宮杉一輝だ。

「瀬谷時代、夜11時、12時まで練習することもザラだった。僕なんか自転車での帰り道、疲れて運転中に居眠りして電柱にぶつかったこともあります。ある日、練習で監督が怒ってそのまま家に帰った。僕らも怒られて腹が立ったから、『意地でも帰らねえぞ』って大半の仲間が残って夜中も素振りをしていた。僕は途中、さすがに居眠りをしたんですけど、松本は一休みしながらも朝まで寝ないでバットを振ってました」

■150キロが投げられないまま敗戦

 右肘靱帯の故障を抱えて臨んだ今大会、2試合目の敦賀気比戦で三回途中9失点でKOされ、最後の夏が終わった。肘痛に苦しみながらも、できるだけ負担がかからないフォームを模索。日帰りで地元神奈川の気功の治療院にも通った。それでも150キロの速球を投げられないまま甲子園を後にしたことに、本人はショックを受けているに違いない。敗戦後、「いずれプロに入って日本のトップクラスのところでやりたい」と話したものの、地元マスコミ関係者はこう言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  2. 2

    眞子さまの結婚問題に揺れる秋篠宮家 当初は小室圭さんを絶賛された紀子さまに起きた変化

  3. 3

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  4. 4

    小山田圭吾が一生涯背負う“十字架”と本当の謝罪 障害者の父親は「謝っても許されない」と強い憤り

  5. 5

    東京五輪入場行進にドラクエのテーマが…作曲家は”安倍応援団” 過去にはLGBT巡り物議醸す発言

  6. 6

    五輪スタッフ、メディア関係者に「インチキ陰性判定」乱発か?検査スリ抜けこんなに簡単

  7. 7

    山崎育三郎“離婚”に高い壁 安倍なつみ復帰でざわつくメディア、本当の異変は?

  8. 8

    コカ・コーラ社以外は持ち込むな!五輪サッカー観戦で鹿嶋市の小中学生に要望したのは誰だ?

  9. 9

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  10. 10

    菅首相がファイザーCEOを国賓級おもてなし ワクチン枯渇“土下座交渉”も思惑また外れ…

もっと見る