• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

U-21代表で鮮明 ブラジルW杯DF陣はほぼ全員召集外

 9月に韓国・仁川で行われるアジア大会に出場するサッカーU-21(21歳以下)日本代表メンバー20人が21日、発表された。

 このU-21代表は、来年に実施される16年リオ五輪の予選を突破し、本大会でどこまで勝ち上がれるのかにも注目が集まる。さらにもうひとつ気になるのは、何人の若手選手がアギーレ・ジャパンの新戦力として台頭していくのかである。

 U-21代表の手倉森誠監督も、若手のA代表昇格を十二分に意識しており、これまで推し進めてきたフォーメーションを4-4-2からアギーレの基本戦術4-3-3に変更してチームづくりを進めている。そもそもアギーレのサッカー観は、まずは堅く守って失点を防ぎ、果敢にボールを奪った後、手数を掛けずにスピーディーにゴール前にボールを運び、シュートで終わるというスタイルだ。

「守備陣に求められるのは、CBなら屈強なフィジカル、スピード、正確なプレー。SBは豊富な運動量とサイドで攻撃の起点になれるスキル。アギーレは、それにフィットする選手を選んでいくでしょう」(サッカー専門誌記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  9. 9

    ユニクロの狙いは? フェデラーと“10年300億円契約”の意味

  10. 10

    48歳・仙道敦子「この世界の片隅に」で女優復帰の舞台裏

もっと見る