U-21代表で鮮明 ブラジルW杯DF陣はほぼ全員召集外

公開日: 更新日:

 9月に韓国・仁川で行われるアジア大会に出場するサッカーU-21(21歳以下)日本代表メンバー20人が21日、発表された。

 このU-21代表は、来年に実施される16年リオ五輪の予選を突破し、本大会でどこまで勝ち上がれるのかにも注目が集まる。さらにもうひとつ気になるのは、何人の若手選手がアギーレ・ジャパンの新戦力として台頭していくのかである。

 U-21代表の手倉森誠監督も、若手のA代表昇格を十二分に意識しており、これまで推し進めてきたフォーメーションを4-4-2からアギーレの基本戦術4-3-3に変更してチームづくりを進めている。そもそもアギーレのサッカー観は、まずは堅く守って失点を防ぎ、果敢にボールを奪った後、手数を掛けずにスピーディーにゴール前にボールを運び、シュートで終わるというスタイルだ。

「守備陣に求められるのは、CBなら屈強なフィジカル、スピード、正確なプレー。SBは豊富な運動量とサイドで攻撃の起点になれるスキル。アギーレは、それにフィットする選手を選んでいくでしょう」(サッカー専門誌記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    総務省・東北新社問題 疑惑の本丸“癒着会議”の仰天議事録

  2. 2

    田口麗斗の電撃トレード惜しむ声…巨人ムードメーカー失う

  3. 3

    苛烈な親子喧嘩…勝久氏が久美子氏に叩きつけた“果たし状”

  4. 4

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  5. 5

    G戸郷“実室2年目”ジンクス打破の予兆 桑田指導にモノ申す

  6. 6

    「ききょう企画」を追われた母の反撃…次女に質問状を送付

  7. 7

    コワモテ菅長男は陽キャ…令和おじさんモノマネが鉄板ネタ

  8. 8

    93年日本S第7戦 古田の“ギャンブルスタート”はサイン無視

  9. 9

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  10. 10

    藤井2冠が高校を自主退学…「中卒」だと人生詰みは本当か

もっと見る