U-21代表で鮮明 ブラジルW杯DF陣はほぼ全員召集外

公開日:  更新日:

 9月に韓国・仁川で行われるアジア大会に出場するサッカーU-21(21歳以下)日本代表メンバー20人が21日、発表された。

 このU-21代表は、来年に実施される16年リオ五輪の予選を突破し、本大会でどこまで勝ち上がれるのかにも注目が集まる。さらにもうひとつ気になるのは、何人の若手選手がアギーレ・ジャパンの新戦力として台頭していくのかである。

 U-21代表の手倉森誠監督も、若手のA代表昇格を十二分に意識しており、これまで推し進めてきたフォーメーションを4-4-2からアギーレの基本戦術4-3-3に変更してチームづくりを進めている。そもそもアギーレのサッカー観は、まずは堅く守って失点を防ぎ、果敢にボールを奪った後、手数を掛けずにスピーディーにゴール前にボールを運び、シュートで終わるというスタイルだ。

「守備陣に求められるのは、CBなら屈強なフィジカル、スピード、正確なプレー。SBは豊富な運動量とサイドで攻撃の起点になれるスキル。アギーレは、それにフィットする選手を選んでいくでしょう」(サッカー専門誌記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  6. 6

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    奇妙な縁が結んだ梅宮辰夫とロバート秋山の幸福な関係

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

もっと見る