ソフト女子 日本の世界選手権連覇は五輪復帰に逆効果!?

公開日:  更新日:

「野球とソフトボールを愛好する国であり、五輪開催へ付加価値を最大限にもたらすことができる」――。

 去る24日に閉幕したソフトボールの世界選手権(オランダ・ハーレム)で日本が連覇を達成したことに世界野球ソフトボール連盟(WBSC)のリカルド・フラッカリ会長は賛辞を惜しまなかった。

 WBSCは20年東京五輪での正式種目への復帰を目指しているだけに、日本の連覇は国際オリンピック委員会へのアピールにつながると喜んだのだ。

 五輪競技に復帰するにはテレビ中継向きに試合時間を短縮することなどに加え、世界での普及状況や競技人口の増加などが条件とされる。今大会は史上初めて普及が遅れている欧州で開催しただけにフラッカリ会長は「野球とソフトボールはイスラム世界やアフリカ、欧州などの地域で発展している」と正式種目から除外された05年からの取り組みの成果に胸を張った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  3. 3

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  7. 7

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  8. 8

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  9. 9

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  10. 10

    前JGTO副会長が吐露 男子2試合“消滅”は青木功会長が招いた

もっと見る