ソフト女子 日本の世界選手権連覇は五輪復帰に逆効果!?

公開日: 更新日:

野球とソフトボールを愛好する国であり、五輪開催へ付加価値を最大限にもたらすことができる」――。

 去る24日に閉幕したソフトボールの世界選手権(オランダ・ハーレム)で日本が連覇を達成したことに世界野球ソフトボール連盟(WBSC)のリカルド・フラッカリ会長は賛辞を惜しまなかった。

 WBSCは20年東京五輪での正式種目への復帰を目指しているだけに、日本の連覇は国際オリンピック委員会へのアピールにつながると喜んだのだ。

 五輪競技に復帰するにはテレビ中継向きに試合時間を短縮することなどに加え、世界での普及状況や競技人口の増加などが条件とされる。今大会は史上初めて普及が遅れている欧州で開催しただけにフラッカリ会長は「野球とソフトボールはイスラム世界やアフリカ、欧州などの地域で発展している」と正式種目から除外された05年からの取り組みの成果に胸を張った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    二階堂ふみ“争奪戦”勃発…紅白での異能ぶりで評価爆上がり

  2. 2

    正気か? 菅首相いきなり「国民皆保険見直し」示唆の真意

  3. 3

    レッドブル「くたばれ、正論。」面倒くさいけど添削しとく

  4. 4

    「ゴゴスマ」が大躍進!コロナで報道・情報番組に続く異変

  5. 5

    最良の対策は総辞職 うまい話のつまみ食いは賢者になれぬ

  6. 6

    大泉洋の“大暴走”NHK紅白司会に割れる評価…再登板なしか

  7. 7

    FBI警告 トランプ支持派が蜂起「1.16」全米に血の雨が降る

  8. 8

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  9. 9

    桑田真澄氏が巨人コーチに 原監督との恩讐越え入閣の仰天

  10. 10

    巨人次期監督争い 桑田vs阿部“万事正反対”で火花バチバチ

もっと見る