内閣府動いた相撲協会「裏金疑惑」 マスコミはなぜ追及せず?

公開日: 更新日:

 相撲協会も、それを取材する大手メディアもデタラメだらけだ。

 8月30日の朝日新聞に掲載された、「相撲協会顧問の現金授受問題、内閣府が対応を検証へ」という記事。事の発端は北の湖理事長(元横綱)の右腕といわれている協会顧問が、パチンコメーカーから2度にわたって裏金を受け取った様子がネットの動画サイトに投稿されたことだ。さらに相撲協会は別のメーカーと過去現在すべての力士の肖像権を1億円でライセンス契約したことも発覚した。

 動画の中で顧問は「北の湖にバレんようにな」と発言。本人も一度はカネを受け取ったことは認めているが、協会の危機管理委員会は「顧問はお金を返したから問題ない」と、子供の理屈さながらにお咎めなしの結論を下し、理事会でも承認された。しかし、そもそも裏金を受け取ったことが問題。記事によれば、内閣府もこれを問題視し、相撲協会に理事会の議事録と危機管理委の報告書の提出を要請。さらに肖像権の契約が理事会の承認を得ていないことにも言及している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大内裕和氏 民間背後の教育改革は格差拡大の失敗繰り返す

  2. 2

    安倍首相インド訪問突然中止 永田町で飛び交う“2つの憶測”

  3. 3

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  4. 4

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  5. 5

    羽賀研二vs梅宮アンナ“平成のバカップル”騒動が完全決着

  6. 6

    最後の一線を越えた…7年間にも及ぶ国と社会に対するテロ

  7. 7

    “安倍側近”の下関市長 市立大人事「私物化疑惑」が大炎上

  8. 8

    51歳でも2時間“歌って踊れる” 元CHA-CHA木野正人さんは今

  9. 9

    二宮和也は2021年6月に“海外挙式”へ 気になる場所と招待客

  10. 10

    上場を目指す企業が入居ビルを適当に選んではいけない理由

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る