内閣府動いた相撲協会「裏金疑惑」 マスコミはなぜ追及せず?

公開日:  更新日:

 相撲協会も、それを取材する大手メディアもデタラメだらけだ。

 8月30日の朝日新聞に掲載された、「相撲協会顧問の現金授受問題、内閣府が対応を検証へ」という記事。事の発端は北の湖理事長(元横綱)の右腕といわれている協会顧問が、パチンコメーカーから2度にわたって裏金を受け取った様子がネットの動画サイトに投稿されたことだ。さらに相撲協会は別のメーカーと過去現在すべての力士の肖像権を1億円でライセンス契約したことも発覚した。

 動画の中で顧問は「北の湖にバレんようにな」と発言。本人も一度はカネを受け取ったことは認めているが、協会の危機管理委員会は「顧問はお金を返したから問題ない」と、子供の理屈さながらにお咎めなしの結論を下し、理事会でも承認された。しかし、そもそも裏金を受け取ったことが問題。記事によれば、内閣府もこれを問題視し、相撲協会に理事会の議事録と危機管理委の報告書の提出を要請。さらに肖像権の契約が理事会の承認を得ていないことにも言及している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  4. 4

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  5. 5

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る