内閣府動いた相撲協会「裏金疑惑」 マスコミはなぜ追及せず?

公開日:  更新日:

 相撲協会も、それを取材する大手メディアもデタラメだらけだ。

 8月30日の朝日新聞に掲載された、「相撲協会顧問の現金授受問題、内閣府が対応を検証へ」という記事。事の発端は北の湖理事長(元横綱)の右腕といわれている協会顧問が、パチンコメーカーから2度にわたって裏金を受け取った様子がネットの動画サイトに投稿されたことだ。さらに相撲協会は別のメーカーと過去現在すべての力士の肖像権を1億円でライセンス契約したことも発覚した。

 動画の中で顧問は「北の湖にバレんようにな」と発言。本人も一度はカネを受け取ったことは認めているが、協会の危機管理委員会は「顧問はお金を返したから問題ない」と、子供の理屈さながらにお咎めなしの結論を下し、理事会でも承認された。しかし、そもそも裏金を受け取ったことが問題。記事によれば、内閣府もこれを問題視し、相撲協会に理事会の議事録と危機管理委の報告書の提出を要請。さらに肖像権の契約が理事会の承認を得ていないことにも言及している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  4. 4

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  5. 5

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  6. 6

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  7. 7

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

  8. 8

    ハゲタカ勢も虎視眈々 日産vsルノーついに始まる株争奪戦

  9. 9

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  10. 10

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

もっと見る