大砂嵐に批判、横綱・白鵬も…相撲界にはびこる「悪質エルボー」

公開日: 更新日:

 土俵の頂点を極めながら、「相撲はプロレスじゃない」ことを理解していないのか。

 27日に閉幕した大相撲名古屋場所で問題になっていたのが、大砂嵐(22)の代名詞ともなっていた顔面へのかち上げだ。156キロの体重を片手懸垂できるパワーから繰り出されるヒジは破壊力十分。五月場所では遠藤を一発KOし、今場所も千代鳳らがまともに食らって悶絶。稀勢の里からも鼻血を噴き出させていた。

 これには土俵内外から批判も多く、大嶽親方(元十両大竜)から禁止令が出たほど。もともと、かち上げはヒジをしゃくり上げて相手の上体を起こすための技であって、顔面に叩きつけてKOする技ではない。

 しかし、大砂嵐よりも悪質といわれているのが横綱白鵬(29)だ。ベテラン相撲記者が言う。

「大砂嵐ほど頻繁ではないが、白鵬も露骨にヒジを顔にぶつけにいくことがある。それこそ、プロレスのエルボーを相撲技と勘違いしているのでは、と言いたくなるほどです。そもそもヒジで顔を狙うと、すかされた時に自分の上体が浮いてしまうし、脇も空く。張り差しと同じように横綱が使う手としてはふさわしくない」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    木下優樹菜に仕事なくても給料払うと申し出た事務所の温情

  2. 2

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  3. 3

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  4. 4

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  5. 5

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  6. 6

    星野佳路氏 コロナと共生“マイクロツーリズム”で生き抜く

  7. 7

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  8. 8

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  9. 9

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  10. 10

    厚労省が研究開始 7%が苦しむ新型コロナ「後遺症」の深刻

もっと見る