大砂嵐に批判、横綱・白鵬も…相撲界にはびこる「悪質エルボー」

公開日:  更新日:

 土俵の頂点を極めながら、「相撲はプロレスじゃない」ことを理解していないのか。

 27日に閉幕した大相撲名古屋場所で問題になっていたのが、大砂嵐(22)の代名詞ともなっていた顔面へのかち上げだ。156キロの体重を片手懸垂できるパワーから繰り出されるヒジは破壊力十分。五月場所では遠藤を一発KOし、今場所も千代鳳らがまともに食らって悶絶。稀勢の里からも鼻血を噴き出させていた。

 これには土俵内外から批判も多く、大嶽親方(元十両大竜)から禁止令が出たほど。もともと、かち上げはヒジをしゃくり上げて相手の上体を起こすための技であって、顔面に叩きつけてKOする技ではない。

 しかし、大砂嵐よりも悪質といわれているのが横綱白鵬(29)だ。ベテラン相撲記者が言う。

「大砂嵐ほど頻繁ではないが、白鵬も露骨にヒジを顔にぶつけにいくことがある。それこそ、プロレスのエルボーを相撲技と勘違いしているのでは、と言いたくなるほどです。そもそもヒジで顔を狙うと、すかされた時に自分の上体が浮いてしまうし、脇も空く。張り差しと同じように横綱が使う手としてはふさわしくない」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る