ヤンキース新GMにビーン氏急浮上 マー君の来季にも影響か

公開日: 更新日:

 ビーンGMは2年前にアスレチックスと、15年から19年まで契約を5年延長しているが、「ヤンキースはアスレチックスに違約金を払えば解決する問題と判断している」(同)そうだ。

 ビーンGMは毎年、ドラスチックにチームを変える。費用対効果を最優先に考えたら、エースだろうとお構いなし。放出して、代わりに若手を数人獲得したりもする。埋もれている若手や、年齢や体形、性格の問題などで冷や飯を食っている選手を発掘して戦力にする手腕は天下一品だ。

 そうなると、真っ先にメスを入れられそうなのが7年総額161億円、平均年俸23億円の田中だ。万全ならエース級でも、右肘靱帯部分断裂は完治しないまま。今後は手術をしない限り常に不安と隣り合わせ。手術をすればしたで1年間は棒に振る。今後6年間はこの状態が続くのだ。ただでさえシビアなGMが、田中の放出を考えるのはある意味、自然ではないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「スカーレット」“老け演技”で見せつけた俳優マギーの底力

  2. 2

    緊急経済対策 中小企業向け特別融資「貸し渋り」の実態

  3. 3

    ドアノブや貨幣…物質表面でのウイルスの生存期間は?

  4. 4

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  5. 5

    安倍首相「緊急事態宣言」なぜ国民の心に響かなかったのか

  6. 6

    河井前法相が自ら20万円を 現職議員が“実弾”手渡せた理由

  7. 7

    理髪店めぐり混乱…小池知事「国と調整中」見切り発車の罪

  8. 8

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  9. 9

    安倍政権またもケチケチ「1世帯30万円給付」は8割が対象外

  10. 10

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

もっと見る