日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

報道は真っ二つ…松井裕の今後を左右する星野監督の去就

 楽天・星野監督(67)の去就をめぐって、報道が2つに割れている。

 立花球団社長の「長期契約を結んでいますから、その通りに進んでいると思ってもらえれば」との言葉を受け、ほとんどのスポーツ紙が「昨季結んだばかりの3年契約に変更はない。続投」と書く中、デイリースポーツは体調面を理由に「辞任へ」と報道。星野監督は今季5月下旬に腰椎椎間板ヘルニアと、国指定の難病である胸椎黄色靱帯骨化症の手術を行うため約2カ月間休養した。手術は成功したものの、いまだに体調に不安が残るのは確か。阪神監督時代も高血圧症を理由に退任している上、チームは最下位ということを考えれば、3年契約の1年目とはいえ責任を取って辞めても不思議ではない。

 続投か辞任か、いずれ本人が正式に決断するだろうが、その結果で今後が大きく左右される選手がいる。ルーキーの松井裕樹(18)である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事