報道は真っ二つ…松井裕の今後を左右する星野監督の去就

公開日: 更新日:

 楽天・星野監督(67)の去就をめぐって、報道が2つに割れている。

 立花球団社長の「長期契約を結んでいますから、その通りに進んでいると思ってもらえれば」との言葉を受け、ほとんどのスポーツ紙が「昨季結んだばかりの3年契約に変更はない。続投」と書く中、デイリースポーツは体調面を理由に「辞任へ」と報道。星野監督は今季5月下旬に腰椎椎間板ヘルニアと、国指定の難病である胸椎黄色靱帯骨化症の手術を行うため約2カ月間休養した。手術は成功したものの、いまだに体調に不安が残るのは確か。阪神監督時代も高血圧症を理由に退任している上、チームは最下位ということを考えれば、3年契約の1年目とはいえ責任を取って辞めても不思議ではない。

 続投か辞任か、いずれ本人が正式に決断するだろうが、その結果で今後が大きく左右される選手がいる。ルーキーの松井裕樹(18)である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ吉本退社の明暗…藤森のタナボタはいつまで続く?

  2. 2

    エンゼルス大谷の現在地 調停金額で分かった二刀流の評価

  3. 3

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  4. 4

    近藤春菜「スッキリ」卒業後は婚活?厳格に育ったお嬢さん

  5. 5

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  6. 6

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  7. 7

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  8. 8

    ロッテ清田「無期限謹慎」は選手の不倫にブレーキかけるか

  9. 9

    巨人桑田コーチ補佐“先発135球”指令の波紋 何人できるか?

  10. 10

    大倉忠義「知ってるワイフ」不発の原因はリアルな息苦しさ

もっと見る