寿司に肉に…新潟で「毒まんじゅう」バラまいた白鵬の腹の中

公開日: 更新日:

「横綱があんな太っ腹なところを見せるなんて初めてじゃないか」

 その場に居合わせた協会関係者も目を丸くした。

 14日に開幕する大相撲秋場所。注目は新大関の豪栄道だが、名古屋場所で痛めた左ヒザの状態が思わしくない。下馬評では白鵬(29)の優勝で決まりともっぱら。今場所勝てば九重親方(元横綱千代の富士)が持つ歴代2位の優勝31回に並ぶだけに、本人も気合が入っている。
 そんな白鵬が意外な行動に出たのは、7月の名古屋場所後の夏巡業だ。

 冒頭の協会関係者が言う。
「新潟での巡業後、白鵬がその場にいた協会職員や報道陣全員に、支度部屋で寿司とローストビーフを振る舞ったんです。全部で500人前。しかも、寿司職人を呼んで目の前で握らせるというパフォーマンス付き。新潟の新鮮な魚に、肉も高級だった。あれは1人前数千円はする。みんな<うまい、うまい>とバクバク食べていました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ吉本退社の明暗…藤森のタナボタはいつまで続く?

  2. 2

    エンゼルス大谷の現在地 調停金額で分かった二刀流の評価

  3. 3

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  4. 4

    近藤春菜「スッキリ」卒業後は婚活?厳格に育ったお嬢さん

  5. 5

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  6. 6

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  7. 7

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  8. 8

    ロッテ清田「無期限謹慎」は選手の不倫にブレーキかけるか

  9. 9

    巨人桑田コーチ補佐“先発135球”指令の波紋 何人できるか?

  10. 10

    大倉忠義「知ってるワイフ」不発の原因はリアルな息苦しさ

もっと見る