高藤が規律違反 男子柔道界に「リオの星」甘やかしのツケが

公開日: 更新日:

 柔道男子日本代表が、また失態を演じた。

 60キロ級の高藤直寿(21=東海大)が8月の世界選手権(ロシア)期間中に練習への遅刻を繰り返す規律違反を犯したため、全日本柔道連盟(全柔連)の強化指定ランクは最高位のAからBに降格。東海大の副監督でもある井上康生男子代表監督は自らの指導力不足を理由に頭を丸刈りにして責任を取った。

 問題の高藤は今年の世界選手権では3位に終わったものの、初めて出場した昨年の同大会(ブラジル)で金メダルを獲得。昨年は度重なる不祥事で全柔連への批判が高まっていただけに、73キロ級を制した大野将平(22=当時天理大)とともに「柔道界の救世主」と持ち上げられると同時に「リオの星」と期待された。

 その後、大野は天理大柔道部の暴力事件への関与が明らかになってケチがつき、全柔連の期待は高藤ひとりに集中。全柔連から甘やかされるようになったという。高藤を知る関係者は「今回の規律違反は起こるべくして起きた」とこう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  2. 2

    ハイエナたちにしゃぶられた…“今太閤”羽柴秀吉さんの悲劇

  3. 3

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  4. 4

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  5. 5

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  6. 6

    「ビリーズブートキャンプ」が大ヒット ビリー隊長の今は

  7. 7

    北京「故宮」で贋作陶器を販売?日本人観光客が次々被害に

  8. 8

    堀潤氏「分断」テーマに映画 重要なのは“小さな主語”目線

  9. 9

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

  10. 10

    2.20が新型肺炎パンデミック節目 最大8200万人感染の恐怖

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る