高藤が規律違反 男子柔道界に「リオの星」甘やかしのツケが

公開日: 更新日:

 柔道男子日本代表が、また失態を演じた。

 60キロ級の高藤直寿(21=東海大)が8月の世界選手権(ロシア)期間中に練習への遅刻を繰り返す規律違反を犯したため、全日本柔道連盟(全柔連)の強化指定ランクは最高位のAからBに降格。東海大の副監督でもある井上康生男子代表監督は自らの指導力不足を理由に頭を丸刈りにして責任を取った。

 問題の高藤は今年の世界選手権では3位に終わったものの、初めて出場した昨年の同大会(ブラジル)で金メダルを獲得。昨年は度重なる不祥事で全柔連への批判が高まっていただけに、73キロ級を制した大野将平(22=当時天理大)とともに「柔道界の救世主」と持ち上げられると同時に「リオの星」と期待された。

 その後、大野は天理大柔道部の暴力事件への関与が明らかになってケチがつき、全柔連の期待は高藤ひとりに集中。全柔連から甘やかされるようになったという。高藤を知る関係者は「今回の規律違反は起こるべくして起きた」とこう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    「ボス恋」上白石萌音“高視聴率ヒロイン”定着に必要なこと

  3. 3

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  4. 4

    「トゥナイト」で人気の高尾晶子さんはボートレースの顔に

  5. 5

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  6. 6

    「ボス恋」成功は上白石萌音の魅力を最大限に生かしたこと

  7. 7

    吉本“粛清”ターゲットの大本命は加藤浩次よりキンコン西野

  8. 8

    「国際大会は分散開催でしか生き残れない」運営の専門家が提唱

  9. 9

    菅田将暉に月9主演が浮上 大河と映画3本で体調は大丈夫?

  10. 10

    桑田コーチ補佐の「指導力通信簿」は戸郷の“一本立ち”次第

もっと見る