上沢プロ初完封も 日ハムの収穫は“女房役”近藤の捕手復帰

公開日: 更新日:

 日本ハムのフロントも胸をなで下ろした。15日のオリックス戦で、先発の上沢がプロ初となる完封劇。これで8勝(8敗)とし、新人王レースを繰り広げるロッテの石川に勝ち星で並んだ。

 だが、首脳陣とフロントの視線の先にいたのは、上沢の女房役を務めた捕手の近藤健介(21)。この日は5月2日以来、今季7試合目の捕手出場だ。

 近藤は「打てる捕手」として11年ドラフト4位で入団。当時のフロントは「今後、10年は捕手はいらない」と喜んでいたものの、今季のオープン戦で送球イップスに。それでもシーズン序盤はマスクをかぶっていたが、捕手として使いものにならず、栗山監督によって三塁にコンバートさせられていた。

 ある球団OBが言う。

「正捕手の大野は順調なら来季中に国内FA権を取得する。年俸3600万円と高くはないとはいえ、日ハムは他球団とのマネーゲームは絶対にしない方針。大野がFA宣言すれば流出は避けられない。だからこそ、将来の正捕手として近藤に期待がかかっていた。他の一軍捕手といえば昨オフに巨人から金銭トレードで獲得した市川くらい。球団も『近藤のイップスが治らないようなら、ドラフトで即戦力の社会人捕手を指名するしかない。ドラフト戦略も変更せざるをえない』と頭を抱えていたほどです」

 試合後、「(同じ高卒3年目の近藤とは)1年目に『いつかバッテリーを組めたら』と話していた。リードが良かった」と、笑顔を見せた上沢。一番喜んでいたのが球団であることは言うまでもないだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ビートたけし“本妻vs愛人”100億円離婚劇ドロ沼決着のウラ

  2. 2

    韓国芸能界は騒然…YGヤン会長辞任の波紋と日本への影響

  3. 3

    トランプ親書を尻に?安倍首相の外交力を海外メディア酷評

  4. 4

    5%割れなら…NHKが密かに画策「いだてん」終了プラン

  5. 5

    自民が陥った参院選目前の“三重苦” 1人区に逆風で状況一変

  6. 6

    生保調査で分かった 60歳2000人貯蓄の内実と迫る消費不況

  7. 7

    “仰天婚”山里と“闇営業解雇”入江 吉本芸人の明暗クッキリ

  8. 8

    宮迫「アメトーク!」優良スポンサーCM消滅危機で崖っぷち

  9. 9

    「いだてん」はオワコン NHK早くも「麒麟が来る」必勝態勢

  10. 10

    令和最初の倒産はどこ 市場が警戒「危ない会社」予備軍

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る