• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

アギーレ10月代表戦 「召集当確」と「呼んではいけない」選手

 来月10日にジャマイカ代表(新潟)と、14日にブラジル代表(シンガポール)と対戦するアギーレ・ジャパン。23日はアギーレ監督やコーチ陣がJリーグの試合会場に足を運び、代表招集候補選手をチェックした。

「候補リスト」に載っているともっぱらな川崎のFW大久保嘉人(32)は、23日の大宮戦ではハットトリック達成。絶大な存在感を示した。同じく川崎FWの小林悠(27)は、前半20分にケガで交代したものの、スピーディーな突破力とDF裏を突くタイミングの良さが武器。前監督ザッケローニも高評価していた選手だけに、呼ばれてもおかしくない。

 W杯中断後の公式戦が11勝2分け1敗と好調キープのG大阪からはFW宇佐美貴史(22)。23日、敵地での清水戦でが前半21分に先制ゴールを決めた。

「シュート、パスの攻撃的センス、ゴールへの嗅覚の鋭さに関してはJで傑出しており、欧州組のFW香川真司(25=ドルトムント)、柿谷曜一朗(24=バーゼル)と比べても遜色ない。代表の得点力アップのためには、必ず選ばれないといけない選手ですね」(スポーツ紙記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  2. 2

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  3. 3

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  4. 4

    今度は不倫愛…華原朋美の「だめんず遍歴」に透ける計算

  5. 5

    安倍首相ミエミエ被災地利用 閣僚も国民に“逆ギレ”の末期

  6. 6

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  7. 7

    西村氏の謝罪が火に油 安倍自民“言い訳”に嘘発覚で大炎上

  8. 8

    5000万円疑惑 落ち目の細野豪志氏がすがった“意外な人物”

  9. 9

    文科省の収賄局長が失った 麻布の“億ション”セレブライフ

  10. 10

    防災にどれだけ本気? 安倍政権で「次は東京」という恐怖

もっと見る