日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
鈴木明子
著者のコラム一覧
鈴木明子プロスケーター、振付師

 1985年3月28日、愛知県生まれ。6歳からスケートをはじめ、15歳で全日本選手権4位。東北福祉大に進学後、一時、摂食障害を患い休養。04年に復帰。10年バンクーバー五輪初出場。13年全日本選手権初優勝。14年ソチ五輪出場。14年3月の世界選手権を最後に現役引退。以後はプロスケーターとして活躍。15年には本郷理華のショートプラグラムで振付師としてデビューした。

<第16回>1カ月で体重8キロ減「絶対に体がおかしくなってる」

【連載】 鈴木明子 スケート人生「キス&クライ」

 東北福祉大への進学が決まっていた私は入学前の03年3月、仙台にある長久保(裕)先生の下宿先へ引っ越し。その足で、クロアチアでの国際大会に出場しました。そこで、17歳の私は人生を大きく左右する「出来事」に見舞われます。帰りの乗り継ぎで訪れたドイツの空港でのことでした。

 場所は空港内のステーキハウス。当時、ダイエットをしていた私はこのシーズン、ステーキや脂っこいものは極力控えていました。フィギュアは体重増がジャンプや演技に大きく影響します。ベスト体重を維持するため、和食割烹店を営む両親も私にはほとんど肉類を食べさせませんでした。肉といえば「鶏のささみ」程度で、ステーキといえば「豆腐ステーキ」ぐらいだったと思います。

 しかし、この時はシーズン最終戦の大会を終えた直後。緊張感から解放されていた私は、「この店のステーキはおいしいから」と先生に勧められるまま、何年かぶりにステーキを口にしたのです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事