日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
鈴木明子
著者のコラム一覧
鈴木明子プロスケーター、振付師

 1985年3月28日、愛知県生まれ。6歳からスケートをはじめ、15歳で全日本選手権4位。東北福祉大に進学後、一時、摂食障害を患い休養。04年に復帰。10年バンクーバー五輪初出場。13年全日本選手権初優勝。14年ソチ五輪出場。14年3月の世界選手権を最後に現役引退。以後はプロスケーターとして活躍。15年には本郷理華のショートプラグラムで振付師としてデビューした。

<第15回>世界を見据え仙台への「拠点変更」を決断

【連載】 鈴木明子 スケート人生「キス&クライ」

 地元豊橋の花田小学校を卒業し、名古屋市の市邨学園高蔵中学校(現名古屋経済大学高蔵中学校)に進学した1年の冬。全中(全国中学校スケート競技会)で幸運にも優勝することができた私は、ここから急激な成長を感じることができました。

 豊橋からの電車通学は相変わらずでしたが、往復3時間かけて通った小学生時代とは違い、中学校からリンクまでは電車で30分以内の距離。授業後、名古屋市南区にあったリンクで時間のロスなく練習できる。私にとっては大きなプラスでした。

 中高一貫の学校側も全中を制覇した私のスケート生活をサポートしてくれました。放課後の課外活動や時間割の調整に先生や同級生が協力してくれました。こうした周囲の支えもあって、中学を卒業するころには、ジュニアGP(グランプリ)シリーズに出場。高校入学後は世界のジュニア大会を中心に、国内のシニア大会でも上位の成績を残すことができました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事