鈴木明子
著者のコラム一覧
鈴木明子プロスケーター、振付師

 1985年3月28日、愛知県生まれ。6歳からスケートをはじめ、15歳で全日本選手権4位。東北福祉大に進学後、一時、摂食障害を患い休養。04年に復帰。10年バンクーバー五輪初出場。13年全日本選手権初優勝。14年ソチ五輪出場。14年3月の世界選手権を最後に現役引退。以後はプロスケーターとして活躍。15年には本郷理華のショートプラグラムで振付師としてデビューした。

<第27回>わずか15秒の振り付けのために2日間を費やした

公開日: 更新日:

【連載】 鈴木明子 スケート人生「キス&クライ」

 09年5月。バンクーバー五輪出場に向けプログラムを一新することが決まった私は、カナダ人振付師のシェイリーンと共にプログラム作りを開始しました。最初は演技開始直後、プロローグ部分の振り付けです。

「とにかく音楽に合わせていろいろなジャンプやステップをやってみせて」

 4分間のフリーの中で、最初の15秒はファンやジャッジが最も注目する重要な場面。振付師もこの部分にはかなり神経を使います。そのイメージをつくるため、私は音楽が流れるリンクで自分のできるステップや技、ジャンプを数時間、延々と披露しました。

 プログラムを作っている最中ですから、どの場面でどんなジャンプやステップをするという決まりはありません。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相グルメ三昧 コロナ対策会議わずか10分のデタラメ

  2. 2

    内閣支持率が急降下 現実味を帯びてきた安倍首相の終わり

  3. 3

    コロナ“現地対策本部長”橋本議員 写真削除で露呈した無能

  4. 4

    嵐ファン真っ青…北京公演中止に続き21年結婚ラッシュ突入

  5. 5

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  6. 6

    自民の圧力か ANAホテル豹変しメディアの桜質問にゼロ回答

  7. 7

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  8. 8

    安倍首相の嘘にもう驚かない 耐性ができたが用心はしてる

  9. 9

    クルーズ船“潜入”医師 安倍政権の感染デタラメ対応を暴露

  10. 10

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る