ジャイアンツがWS進出 日系4世イシカワがサヨナラ3ラン

公開日: 更新日:

 サンフランシスコ・ジャイアンツが、劇的なサヨナラ勝ちで2年ぶり23回目のワールドシリーズ進出を決めた。

 サヨナラ劇の主役となったのは日系4世のトラビス・イシカワ外野手(31)だ。3-3の同点で迎えた九回1死一、二塁から相手の3番手右腕ワカの154キロの直球を右翼スタンドに運ぶサヨナラ本塁打。右翼後方にあるサンフランシスコ湾にまで届く「スプラッシュ・ヒット」にはならなかったが、打った瞬間に分かる特大の一発だった。

 殊勲打を放ったイシカワは一塁に走りながら大きなガッツポーズ。ホームベースを踏むと、ナインにもみくちゃにされるなど、手荒な祝福を受けた。MVPはエース左腕のバムガーナーが選ばれた。

 なお21日(日本時間22日)から始まるロイヤルズとのワールドシリーズは、「ワイルドカード」同士の対戦となった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    埼玉県あっという間に医療崩壊の危機…小池氏再選の大迷惑

  2. 2

    嵐・相葉に流れ弾…渡部建“トイレ不倫”騒動でトバッチリ

  3. 3

    PCR検査=反日の原因分析 「おはよう日本」はNHKの希望だ

  4. 4

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  5. 5

    公明党の「小池離れ」と「自民優先」で都政は立ち往生必至

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  8. 7

    東京女子医大看護師 感染リスク覚悟で対応もボーナスゼロ

  9. 8

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  10. 9

    <1>戦略家の大統領補佐官が「暴露本」を書いた重大な意味

  11. 10

    大野智だけが難色か…嵐「24時間テレビ」不参加の肩すかし

もっと見る