• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ジャイアンツのT.イシカワが明かしたイチローの仰天素顔

 2年ぶりの世界一奪還を目指すジャイアンツ打線を牽引しているのがトラビス・イシカワ外野手(31)だ。

 リーグチャンピオンシップでは打撃好調。14日の第3戦では一回2死満塁から走者一掃の右中間二塁打を放つなど、ここまで4試合で10打数4安打4打点。サンフランシスコの地元メディアからは、早くもMVPに推す声も上がっている。

 本名は「トラビス・タカシ・イシカワ」。ワシントン州シアトル市出身の日系4世だ。06年に大リーグデビューを果たしながら定着できず、メジャーとマイナーを行ったり来たり。10年にはジャイアンツで世界一のメンバーとなりチャンピオンリングを手にしたが、12年以降はブルワーズ、オリオールズ、ヤンキースと渡り歩いた。今季はジャイアンツとマイナー契約。主力外野手の故障もあって7月に昇格後は本職の一塁ではなく左翼の定位置を獲得した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ブームが去って「残念!」…ギター侍・波田陽区さんは今

  2. 2

    学長会見は“ガキの使い” 日大理事長が絶対表に出ない理由

  3. 3

    元財務省・田中秀明氏 官僚の「政治化」が生んだ忖度体質

  4. 4

    石原さとみに未練か “決断できない男”山下智久に心配の声

  5. 5

    日ロ会談は成果ゼロ プーチンに見切られた安倍首相の末路

  6. 6

    遺族の感情逆なで 堀内議員“高プロ”強行採決で大ハシャギ

  7. 7

    TVから消え10年超…小橋賢児さんイベント仕掛人になるまで

  8. 8

    天敵の籠池氏保釈で“劇場”再燃 高まる「6.20会期末解散」

  9. 9

    田中圭「おっさんずラブ」 女性ファン狂喜乱舞の“肉体美”

  10. 10

    テレ朝の刑事ドラマを追撃 “ダークな二宮和也”の心意気

もっと見る