ジャイアンツのT.イシカワが明かしたイチローの仰天素顔

公開日:  更新日:

 2年ぶりの世界一奪還を目指すジャイアンツ打線を牽引しているのがトラビス・イシカワ外野手(31)だ。

 リーグチャンピオンシップでは打撃好調。14日の第3戦では一回2死満塁から走者一掃の右中間二塁打を放つなど、ここまで4試合で10打数4安打4打点。サンフランシスコの地元メディアからは、早くもMVPに推す声も上がっている。

 本名は「トラビス・タカシ・イシカワ」。ワシントン州シアトル市出身の日系4世だ。06年に大リーグデビューを果たしながら定着できず、メジャーとマイナーを行ったり来たり。10年にはジャイアンツで世界一のメンバーとなりチャンピオンリングを手にしたが、12年以降はブルワーズ、オリオールズ、ヤンキースと渡り歩いた。今季はジャイアンツとマイナー契約。主力外野手の故障もあって7月に昇格後は本職の一塁ではなく左翼の定位置を獲得した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  3. 3

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  4. 4

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  7. 7

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  10. 10

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

もっと見る