ジャイアンツのT.イシカワが明かしたイチローの仰天素顔

公開日:  更新日:

 2年ぶりの世界一奪還を目指すジャイアンツ打線を牽引しているのがトラビス・イシカワ外野手(31)だ。

 リーグチャンピオンシップでは打撃好調。14日の第3戦では一回2死満塁から走者一掃の右中間二塁打を放つなど、ここまで4試合で10打数4安打4打点。サンフランシスコの地元メディアからは、早くもMVPに推す声も上がっている。

 本名は「トラビス・タカシ・イシカワ」。ワシントン州シアトル市出身の日系4世だ。06年に大リーグデビューを果たしながら定着できず、メジャーとマイナーを行ったり来たり。10年にはジャイアンツで世界一のメンバーとなりチャンピオンリングを手にしたが、12年以降はブルワーズ、オリオールズ、ヤンキースと渡り歩いた。今季はジャイアンツとマイナー契約。主力外野手の故障もあって7月に昇格後は本職の一塁ではなく左翼の定位置を獲得した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

もっと見る