日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

カージナルスの浮沈握る“問題児”ピアジンスキーの起用法

 14日(日本時間15日)のナ・リーグ優勝決定戦第3戦ジャイアンツ戦に、「7番・捕手」で今ポストシーズン初出場を果たしたピアジンスキー(37)。

 4打数無安打と期待を裏切り、レッドソックスで同僚だった先発ラッキーをリードしきれなかったが、メジャーきっての嫌われ者といわれるだけに、使い方によっては毒にも薬にもなりそうだ。

 今季途中にレッドソックスから戦力外通告を受け、7月にカージナルスと契約。右手親指を痛めるなど故障がちだった正捕手モリーナに代わって23試合でマスクをかぶった。ドジャースとの地区シリーズはメンバーから外れたものの、モリーナが右手親指痛を再発。勝負強い打撃を買われてリーグ優勝決定戦からベンチ入りした。第2戦では、そのモリーナが左脇腹を痛めたため、今後はピアジンスキーの出場機会が増えるとみられる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事