日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
鈴木明子
著者のコラム一覧
鈴木明子プロスケーター、振付師

 1985年3月28日、愛知県生まれ。6歳からスケートをはじめ、15歳で全日本選手権4位。東北福祉大に進学後、一時、摂食障害を患い休養。04年に復帰。10年バンクーバー五輪初出場。13年全日本選手権初優勝。14年ソチ五輪出場。14年3月の世界選手権を最後に現役引退。以後はプロスケーターとして活躍。15年には本郷理華のショートプラグラムで振付師としてデビューした。

<第30回>フィギュア競技とは似て非なる「アイスショー」の難しさ

【連載】 鈴木明子 スケート人生「キス&クライ」

 今年3月に現役を引退して以降、私はプロスケーターとしてアイスショーや舞台に参加させてもらっています。

 当初は、ショーに出演するプロの方が難度の高いジャンプや技を要求されない分、自由で楽しく、自分のやりたい演技が出来るものだと想像していました。

 しかし、実際プロになってみると、ショーは競技とは「似て非なるもの」であることを改めて感じさせられました。

 大きな違いは「ルールがない」ということです。

 これまでの競技生活は、決められた時間や規則、ルールがあったからこそ、難しいジャンプや高難度の技をプログラムに組み込み、ミスを最小限にとどめながら上の順位を狙うことに重点を置いてきました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事