昨年は「第2子」が誕生 オリ金子は家庭の事情で残留にグラリ

公開日:  更新日:

「残る可能性が出てきたようだ」

 在京球団の編成担当がこう言った。FA市場の目玉だったオリックスの金子千尋(30)が国内FA権を行使せず、残留に傾いているというのである。FA宣言すれば、ソフトバンク入りも噂されていた。前出の編成担当が言う。

「汗がグラブに触れるのを嫌い、左手にかかるほどの長いアンダーシャツを着用している金子は、夏場も空調が整っているドーム球場が本拠地の球団を希望しているようだ。ソフトバンクが興味を示していたようだし、マネーゲームになればかなうわけがなかった」

 一時は濃厚ともいわれた巨人移籍については、「本人が環境になじまないのではないか」という声があった。オリックスのチーム関係者がこう言った。

「金子は繊細な男です。屋外のブルペン投球はもちろん、キャッチボールの時ですら自分の視界の90度以内に入らないようにカメラマンに注文するくらい。登板前日も集中したいということで記者の取材も受けません。巨人はマスコミの数が多く、本人がこだわる金髪、ヒゲが禁止とマナーにもうるさい。プレーするのは大変だと思う」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  3. 3

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    日ロ交渉はお先真っ暗…完黙でつけ込まれる河野“無能”外相

  6. 6

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  7. 7

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  8. 8

    ついに撤回運動…山手線新駅「高輪ゲートウェイ」変更は?

  9. 9

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  10. 10

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

もっと見る