日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

昨年は「第2子」が誕生 オリ金子は家庭の事情で残留にグラリ

「残る可能性が出てきたようだ」

 在京球団の編成担当がこう言った。FA市場の目玉だったオリックスの金子千尋(30)が国内FA権を行使せず、残留に傾いているというのである。FA宣言すれば、ソフトバンク入りも噂されていた。前出の編成担当が言う。

「汗がグラブに触れるのを嫌い、左手にかかるほどの長いアンダーシャツを着用している金子は、夏場も空調が整っているドーム球場が本拠地の球団を希望しているようだ。ソフトバンクが興味を示していたようだし、マネーゲームになればかなうわけがなかった」

 一時は濃厚ともいわれた巨人移籍については、「本人が環境になじまないのではないか」という声があった。オリックスのチーム関係者がこう言った。

「金子は繊細な男です。屋外のブルペン投球はもちろん、キャッチボールの時ですら自分の視界の90度以内に入らないようにカメラマンに注文するくらい。登板前日も集中したいということで記者の取材も受けません。巨人はマスコミの数が多く、本人がこだわる金髪、ヒゲが禁止とマナーにもうるさい。プレーするのは大変だと思う」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事