昨年は「第2子」が誕生 オリ金子は家庭の事情で残留にグラリ

公開日: 更新日:

「残る可能性が出てきたようだ」

 在京球団の編成担当がこう言った。FA市場の目玉だったオリックスの金子千尋(30)が国内FA権を行使せず、残留に傾いているというのである。FA宣言すれば、ソフトバンク入りも噂されていた。前出の編成担当が言う。

「汗がグラブに触れるのを嫌い、左手にかかるほどの長いアンダーシャツを着用している金子は、夏場も空調が整っているドーム球場が本拠地の球団を希望しているようだ。ソフトバンクが興味を示していたようだし、マネーゲームになればかなうわけがなかった」

 一時は濃厚ともいわれた巨人移籍については、「本人が環境になじまないのではないか」という声があった。オリックスのチーム関係者がこう言った。

「金子は繊細な男です。屋外のブルペン投球はもちろん、キャッチボールの時ですら自分の視界の90度以内に入らないようにカメラマンに注文するくらい。登板前日も集中したいということで記者の取材も受けません。巨人はマスコミの数が多く、本人がこだわる金髪、ヒゲが禁止とマナーにもうるさい。プレーするのは大変だと思う」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    広瀬すずにもNHKピリピリ…朝ドラ主演の過酷さと監督事情

  3. 3

    「昭和の人間ですが」中森明菜が平成最後に綴る手紙の悲痛

  4. 4

    化粧しっかり…松嶋菜々子「なつぞら」の"雪肌"に違和感

  5. 5

    いい人アピール安倍首相“大聖堂お見舞い”プランのハタ迷惑

  6. 6

    「なつぞら」広瀬すず友達役…富田望生は“視聴率の女神”か

  7. 7

    あんだけ体重があるのに大阪桐蔭の西谷監督はフットワークが軽い

  8. 8

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  9. 9

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  10. 10

    「なつぞら」高畑淳子 "テンション高め"の演技に懸念浮上

もっと見る