昨年は「第2子」が誕生 オリ金子は家庭の事情で残留にグラリ

公開日: 更新日:

「残る可能性が出てきたようだ」

 在京球団の編成担当がこう言った。FA市場の目玉だったオリックス金子千尋(30)が国内FA権を行使せず、残留に傾いているというのである。FA宣言すれば、ソフトバンク入りも噂されていた。前出の編成担当が言う。

「汗がグラブに触れるのを嫌い、左手にかかるほどの長いアンダーシャツを着用している金子は、夏場も空調が整っているドーム球場が本拠地の球団を希望しているようだ。ソフトバンクが興味を示していたようだし、マネーゲームになればかなうわけがなかった」

 一時は濃厚ともいわれた巨人移籍については、「本人が環境になじまないのではないか」という声があった。オリックスのチーム関係者がこう言った。

「金子は繊細な男です。屋外のブルペン投球はもちろん、キャッチボールの時ですら自分の視界の90度以内に入らないようにカメラマンに注文するくらい。登板前日も集中したいということで記者の取材も受けません。巨人はマスコミの数が多く、本人がこだわる金髪、ヒゲが禁止とマナーにもうるさい。プレーするのは大変だと思う」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    角栄側近・石井一氏が語る ロッキード事件真相と政治腐敗

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  4. 4

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  5. 5

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  6. 6

    川口春奈“本格女優”は茨の道 NHK大河のご祝儀も期限切れ?

  7. 7

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

  8. 8

    「なるほど!ザ・ワールド」名物リポーター迫文代さんは今

  9. 9

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  10. 10

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る