日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

チームの要は外国人選手…“金満球団”阪神が抱えるジレンマ

「エースと抑え、打者では4番と5番。重要なポジションを担う選手がみんな助っ人。最近、こんなチームは珍しい」

 野球ファンの吉川潮氏(作家)が、シーズン2位からの日本一を目指す阪神についてこう言った。

 26日の日本シリーズ第2戦は、攻撃の要であるゴメス(30)、マートン(33)の「4、5番コンビ」がともに無安打に終わったことがモロに影響。ポストシーズン8試合目にして初黒星となった。

 和田監督は「選手は目いっぱいやった。悲観することはない。前に向かってやっていくだけ」と話したが、25日の初戦、先発のメッセンジャー(33)が力投し、呉昇桓(32)が最後を締め、ゴメスが先制打を含む2安打3打点、続くマートンも2安打2打点と活躍して快勝したのとは対照的だった。

 前出の吉川氏が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事