チームの要は外国人選手…“金満球団”阪神が抱えるジレンマ

公開日: 更新日:

「エースと抑え、打者では4番と5番。重要なポジションを担う選手がみんな助っ人。最近、こんなチームは珍しい」

 野球ファンの吉川潮氏(作家)が、シーズン2位からの日本一を目指す阪神についてこう言った。

 26日の日本シリーズ第2戦は、攻撃の要であるゴメス(30)、マートン(33)の「4、5番コンビ」がともに無安打に終わったことがモロに影響。ポストシーズン8試合目にして初黒星となった。

 和田監督は「選手は目いっぱいやった。悲観することはない。前に向かってやっていくだけ」と話したが、25日の初戦、先発のメッセンジャー(33)が力投し、呉昇桓(32)が最後を締め、ゴメスが先制打を含む2安打3打点、続くマートンも2安打2打点と活躍して快勝したのとは対照的だった。

 前出の吉川氏が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

  3. 3

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  4. 4

    角栄側近・石井一氏が語る ロッキード事件真相と政治腐敗

  5. 5

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

  6. 6

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  7. 7

    他の芸能人と何が違う?東出昌大の不倫を批判する大衆心理

  8. 8

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  9. 9

    竹内涼真「テセウス」大健闘 視聴者“予定調和好き”異変か

  10. 10

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る