• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「勝負弱さ」露呈で阪神連敗 監督と選手の間には微妙なズレが

「勝ってる時はいいんだよ。表情もイキイキしてな。でも、ほら、劣勢になった途端にこれだ。いつもの苦しそうな顔が出始めるだろ。これじゃあ、ベンチに活気が出るわけないよ」

 ネット裏のプロ野球OBがテレビ画面を指さしながらこう言った。阪神の和田監督(52)のベンチでの表情のことである。

 1勝1敗で迎えた28日の日本シリーズ第3戦で、阪神は先発の藤浪晋太郎が六回途中で3失点KOされると、打線もからっきし。ソフトバンクの大隣に7回3安打に封じられ、九回に1点を返すのがやっとだった。巨人とのCSファイナル、シリーズ初戦で効果的に得点してきた打線の勢いが萎むや、和田監督はベンチで表情を硬くするだけだったのだ。

「大隣は球のキレ、制球、コース、高さ、ほとんど間違えなかった。何とかしなければと思っていたが手が出なかった」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  2. 2

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  3. 3

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  4. 4

    懲りない昭恵氏がヒタ隠す「総理の妻として言えないこと」

  5. 5

    視聴率は歴代最低…AKB48総選挙が描く“下降曲線”の危機感

  6. 6

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  7. 7

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  8. 8

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  9. 9

    手越はブログ炎上、女性には嫌がらせ…NEWS未成年飲酒の余波

  10. 10

    松本伊代&早見優 80年代アイドル歌謡ショーの隠れた需要

もっと見る