「勝負弱さ」露呈で阪神連敗 監督と選手の間には微妙なズレが

公開日: 更新日:

 試合後、力ない声で相手をホメた指揮官。これでは確かにチームを包む沈鬱なムードは払拭できない。

 勝っている時は選手の調子がいいわけだから、結果はついてくる。采配もハマりやすい。打てない時こそ、的確な狙い球の指示、流れを呼び込む選手起用などベンチワークが重要になってくるのに、2戦とも狙い球を絞り切れず、効果的な手を打てなかった。レギュラーシーズンから、和田監督の勝負弱さを不安視する声が出ていた。

「選手、関係者から見た和田監督の信頼度は今も決して高くはない。だから監督と選手の考え方に微妙なズレがある」とは、阪神OBだ。

■チーム結束のチャンスを逃した「胴上げ」回避

 シリーズ直前ミーティングで和田監督は「今シーズンの集大成。楽しんで思い切ってプレーしてくれ」と言ったという。阪神は巨人にリーグ優勝をさらわれ、2位に終わった。「勝負弱さ」を克服するためにはガチガチにならず、心と体をほぐして伸び伸びとプレーしようという気持ちを伝えたかったのだろうが、選手の口から出るのは正反対の言葉ばかり。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮川大輔が頓挫…24時間TVマラソンランナー選出のドタバタ

  2. 2

    まるで被害者ヅラ 昭恵夫人が応援演説で公選法違反のススメ

  3. 3

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

  4. 4

    れいわ新選組・山本太郎氏「世の中変わるなら捨て石上等」

  5. 5

    復帰のめど立たず 休演を予測させた最後の「海老蔵歌舞伎」

  6. 6

    維新に5.7億円もの“セルフ領収書”疑惑 参院選直撃は必至

  7. 7

    メッキはがれ始めたコウキ ママ静香プロデュースが空回り

  8. 8

    戦略的投票で改憲勢力3分の2を阻止 国の命運握る17選挙区

  9. 9

    安倍自民が恐れ、大メディアが無視する山本太郎の破壊力

  10. 10

    闇営業で宮迫博之が消えたら後釜に座りそうな芸人は誰か

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る