オーナーも“持病”認めた 阪神の「育成下手」はいつ治るのか

公開日: 更新日:

 その声を、フロントはどう聞いているのか。

 日本シリーズ敗退後に坂井オーナーがスポーツ紙に対し、「責任はフロントにある。ウチは選手層がいびつ」と言及した。三塁を守れる今成、新井良が故障したことで、CS、日本シリーズでは右肘の遊離軟骨に苦しんだ西岡を三塁で起用。無理をした西岡は右肘の手術に追い込まれたとみられている。

 今の阪神の二軍には、主力の故障者をカバーできる選手がほとんどいない。夏場に新井良が登録抹消されたとき、一軍に昇格したのは外野の狩野。新井貴、坂らが持ち回りで三塁を守った。若手内野手では主に二塁を守る大卒4年目の荒木(26)が15試合に出場しただけ。高卒の指定強化選手でいえば、12年ドラフト2位の北條(20)は一軍登録はわずか3日(試合出場はなし)。11年ドラフト3位の西田(21)は一軍昇格ゼロ。外野では10年ドラフト2位の一二三(22)は4年間で一軍出場すらない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

  2. 2

    安倍首相「韓国叩き」大誤算…関連株下落で日本孤立の一途

  3. 3

    ジャニー氏救急搬送で“長男”の役目を放棄したマッチの今後

  4. 4

    東京五輪陸上「日本は世界の笑いモノに」元陸連幹部が警鐘

  5. 5

    96年11.5差逆転された広島OB 巨人の独走止めるヒント伝授

  6. 6

    父と慕ったジャニー氏死去 TOKIOリーダー城島茂はどうなる

  7. 7

    G岡本とカープ誠也…悩める4番が球宴で交わした会話の中身

  8. 8

    「主戦場」デザキ監督 右派の一貫性のなさを見せたかった

  9. 9

    フレッシュ球宴“高卒BIG4”再会で根尾が感じた「プロの壁」

  10. 10

    メッキはがれ始めたコウキ ママ静香プロデュースが空回り

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る