日ハム2位清水優心 両親が心血注いだ「周防大島の13年」

公開日:  更新日:

 山口県南東部に位置し、瀬戸内海に浮かぶ島では3番目に大きい周防大島。磯の香りが漂う人口2万人弱が暮らす島の北東部に清水の実家はある。

 町営の2階建て3LDKの木造住宅には現在、広島に単身赴任中の父・和基さん(38)を除いた母・寛子さん(43)、高校2年生の次男・雷雅さん(16)、中学1年の三男・玲央さん(13)の3人が暮らす。

「お父さん(和基さん)は今年8月から広島市内にある三菱重工の工場の工員として働いています。もともと私たち夫婦は広島市内の別々の会社に勤めていたのですが、私の友人の紹介を機に交際して、95年に結婚。翌年、優心が生まれてから5年間は広島県呉市に住んでいたんです。でも、子供がさらに2人生まれ、子育てが大変になってきまして。01年に思い切って、私の生まれ故郷であるこの島に引っ越してきたのです。ここなら私の両親もいて、いろいろとサポートを受けられますから」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  3. 3

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    ついに撤回運動…山手線新駅「高輪ゲートウェイ」変更は?

もっと見る