日ハム2位清水優心 両親が心血注いだ「周防大島の13年」

公開日: 更新日:

 山口県南東部に位置し、瀬戸内海に浮かぶ島では3番目に大きい周防大島。磯の香りが漂う人口2万人弱が暮らす島の北東部に清水の実家はある。

 町営の2階建て3LDKの木造住宅には現在、広島に単身赴任中の父・和基さん(38)を除いた母・寛子さん(43)、高校2年生の次男・雷雅さん(16)、中学1年の三男・玲央さん(13)の3人が暮らす。

「お父さん(和基さん)は今年8月から広島市内にある三菱重工の工場の工員として働いています。もともと私たち夫婦は広島市内の別々の会社に勤めていたのですが、私の友人の紹介を機に交際して、95年に結婚。翌年、優心が生まれてから5年間は広島県呉市に住んでいたんです。でも、子供がさらに2人生まれ、子育てが大変になってきまして。01年に思い切って、私の生まれ故郷であるこの島に引っ越してきたのです。ここなら私の両親もいて、いろいろとサポートを受けられますから」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  2. 2

    福岡知事選で“麻生アレルギー” 学会や九州財界から爪弾き

  3. 3

    死骸で発見のジュゴンは…辺野古埋め立てで行方不明だった

  4. 4

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  5. 5

    北方領土「第2次世界大戦の結果論」というのは暴論である

  6. 6

    東京福祉大“消えた留学生”問題を招いた安倍政権の数値目標

  7. 7

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  8. 8

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

  9. 9

    東京五輪で終電延長 鉄道各社が強いられる“ブラック労働”

  10. 10

    故内田裕也さんのロックな人生 破天荒の裏の“冷静と情熱”

もっと見る