シャルケ完敗の“戦犯”内田は日本代表の救世主にはなれない

公開日: 更新日:

 ブラジルW杯メンバーのDF内田篤人(26)がプレーするシャルケが、欧州CLでポルトガルの強豪スポルティングと対戦(日本時間6日午前4時45分キックオフ)し、2─4の完敗を喫した。戦犯のひとりが、2失点に絡んでしまった内田である。

 後半7分、相手左FWナニへの対応が遅れ、パスを受けたDFジェフェルソンが強烈シュートで勝ち越し点。同27分には右サイドからクロスを放り込まれた際、ナニのマーク役だった内田がFWスリマニの動きに気を取られ、ナニをフリーにしてしまった。そのナニに3点目をズドンと決められ、これがシャルケの致命傷となった。

 内田といえば、5日発表の日本代表メンバーに選ばれ、14日のホンジュラス戦(豊田市)と、18日のオーストラリア戦(大阪市)に帯同する。

「内田はブラジルW杯後に代表引退を示唆。それでもアギーレ監督は招集する気でした、2月に痛めた右膝をW杯後に再び痛めて戦線離脱。代表に呼べなくなってしまった。先月、サッカー協会の強化担当幹部がドイツ入りして代表復帰を要請。踏ん切りのつかなかった内田も承諾したのです」(サッカー協会関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

  3. 3

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  4. 4

    角栄側近・石井一氏が語る ロッキード事件真相と政治腐敗

  5. 5

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

  6. 6

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  7. 7

    他の芸能人と何が違う?東出昌大の不倫を批判する大衆心理

  8. 8

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  9. 9

    竹内涼真「テセウス」大健闘 視聴者“予定調和好き”異変か

  10. 10

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る