25%減で更改の巨人宮国 多すぎる“船頭”が伸び悩みの元凶

公開日:  更新日:

 巨人の期待の星、宮国椋丞(22)が1日、減額制限いっぱいの25%ダウンとなる年俸1200万円で契約を更改した。今季は開幕ローテ入りしたものの、初登板でDeNAにKOされて即二軍。3試合で1勝1敗、防御率6.43に終わった。

「10年に一人の逸材」と期待されながら4年が経過した。これまで「強化指定選手」と特別扱いしてきた原監督は昨オフ、「繊細なところがあるからと大事に扱い過ぎた」と方針転換を明言していた。「逸材」の伸び悩みは球団の懸案事項でもある。

 このオフは新たにMVP投手が“コーチ”になる。この日、東海大学付属病院を訪れ、子供たちとクリスマス会を行った菅野智之(25)らと、今日2日に自主トレ先の米アリゾナへと向かう。その後は優勝旅行先のハワイに入り、年明けには内海らとの恒例のグアム自主トレにも参加する。両エースとの“掛け持ちトレ”は異例。あるチーム関係者が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    「国民だましたらあかん」籠池夫妻が安倍首相の演説に本音

  10. 10

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

もっと見る