25%減で更改の巨人宮国 多すぎる“船頭”が伸び悩みの元凶

公開日:  更新日:

 巨人の期待の星、宮国椋丞(22)が1日、減額制限いっぱいの25%ダウンとなる年俸1200万円で契約を更改した。今季は開幕ローテ入りしたものの、初登板でDeNAにKOされて即二軍。3試合で1勝1敗、防御率6.43に終わった。

「10年に一人の逸材」と期待されながら4年が経過した。これまで「強化指定選手」と特別扱いしてきた原監督は昨オフ、「繊細なところがあるからと大事に扱い過ぎた」と方針転換を明言していた。「逸材」の伸び悩みは球団の懸案事項でもある。

 このオフは新たにMVP投手が“コーチ”になる。この日、東海大学付属病院を訪れ、子供たちとクリスマス会を行った菅野智之(25)らと、今日2日に自主トレ先の米アリゾナへと向かう。その後は優勝旅行先のハワイに入り、年明けには内海らとの恒例のグアム自主トレにも参加する。両エースとの“掛け持ちトレ”は異例。あるチーム関係者が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  5. 5

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る