25%減で更改の巨人宮国 多すぎる“船頭”が伸び悩みの元凶

公開日: 更新日:

 巨人の期待の星、宮国椋丞(22)が1日、減額制限いっぱいの25%ダウンとなる年俸1200万円で契約を更改した。今季は開幕ローテ入りしたものの、初登板でDeNAにKOされて即二軍。3試合で1勝1敗、防御率6.43に終わった。

「10年に一人の逸材」と期待されながら4年が経過した。これまで「強化指定選手」と特別扱いしてきた原監督は昨オフ、「繊細なところがあるからと大事に扱い過ぎた」と方針転換を明言していた。「逸材」の伸び悩みは球団の懸案事項でもある。

 このオフは新たにMVP投手が“コーチ”になる。この日、東海大学付属病院を訪れ、子供たちとクリスマス会を行った菅野智之(25)らと、今日2日に自主トレ先の米アリゾナへと向かう。その後は優勝旅行先のハワイに入り、年明けには内海らとの恒例のグアム自主トレにも参加する。両エースとの“掛け持ちトレ”は異例。あるチーム関係者が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  2. 2

    福岡知事選で“麻生アレルギー” 学会や九州財界から爪弾き

  3. 3

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  4. 4

    死骸で発見のジュゴンは…辺野古埋め立てで行方不明だった

  5. 5

    北方領土「第2次世界大戦の結果論」というのは暴論である

  6. 6

    東京福祉大“消えた留学生”問題を招いた安倍政権の数値目標

  7. 7

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  8. 8

    東京五輪で終電延長 鉄道各社が強いられる“ブラック労働”

  9. 9

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

  10. 10

    ルノーと三菱グループ急接近か 日産含む“3社統合”への思惑

もっと見る