八百長疑惑アギーレ後任候補にペトロビッチなぜ挙がらない

公開日:  更新日:

 スペイン1部サラゴサ監督時代(11年5月)の八百長疑惑によって、地元検察庁から起訴されるのは時間の問題――といわれている日本代表アギーレ監督(56)。

 欧州組の視察から昨4日午前に帰国したアギーレ監督は、日本サッカー協会差し回しの車に乗って成田空港を後にした。

 都内に移動後、協会の顧問弁護士が2時間にわたって事情聴取。その顧問弁護士と協会幹部が同日夜に協会内で経過説明を行い、アギーレ監督は「八百長などやっていない」と主張したという。

「現時点で、アギーレ監督自身が八百長疑惑に関する会見を行う予定はない。6日のJリーグ最終節を視察したり、9日昼のS級ライセンス保持者向けの講演会、同日夕方のJリーグ表彰式にも出席する予定なので大勢の報道陣に囲まれ、騒動になるのは必至の情勢です」(サッカー専門誌記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る