好調マインツ岡崎とゴール遠いミラン本田 代表エース“明暗”

公開日:  更新日:

 欧州4大リーグで得点王を争うことが簡単ではないことは、サッカーファンなら知っているだろう。ドイツ・ブンデスリーガの岡崎慎司(28=マインツ)、イタリア・セリエAの本田圭佑(28=ミラン)が、得点ランク上位に留まっているが、2人の“明暗”ははっきりだ。

 ここ5試合勝ちなしのマインツは、7日にアウェーでハンブルガーと対戦。0―2で迎えた後半44分。右CKをMFマリが後方に流し、ゴール正面に侵入した岡崎が渾身ヘッド! ボールはクロスバーに当たってゴールに吸い込まれた。2試合連続の今季8点目にして得点ランク2位タイ。11位と中位以下に低迷中のマインツで、ひとり気を吐いている格好だ。

 一方ミランの本田は、同日のジェノアとのアウェー戦に3トップの右で先発出場。後半2分に最大の見せ場が訪れた。

 左サイドからのクロスに体を投げ出し、利き足の左足を伸ばしてシュートしたが、相手の厳しいマークにあって、ボールはゴール左に飛んでいった。このシーン以外、本田はパッとせずに後半26分にはFWパッツィーニと交代指令。ミランは0―1で敗れて4試合ぶりの黒星を喫した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  3. 3

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  4. 4

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  8. 8

    FA浅村に続き西も ソフトB「連敗」の裏に細かすぎる査定

  9. 9

    市場が警戒する「危ない21社」 GC注記は半年前から2社増

  10. 10

    則本、美馬、銀次…FA浅村獲得も楽天に迫る“流出ラッシュ”

もっと見る