ミランは連続ドロー 本田は研究されドリブル突破封じられる

公開日: 更新日:

 日本代表MF本田圭佑(28)が所属するミランは、敵地でのカリアリ戦(日本時間30日早朝キックオフ)を1―1で引き分け、2戦連続ドロー決着。首位争い参入のチャンスを逃した。

 ミランは、前節から「中2日」の試合。選手の動きは鈍く、序盤からカリアリの攻勢にさらされてアップアップ。

 前半24分、本田の持ち場である右サイドからカウンターを食らい、カリアリのコロンビア代表FWイバルボにヘディングシュートを決められた。

 ミランは35分、MFボナベントゥーラのGK頭越しミドルシュートで追い付いたが、その後はチャンスらしいチャンスもなく、終わってみれば、何とか引き分けに持ち込んで勝ち点1を獲得したという試合だった。

 エース番号である「10」を背負う本田が、この試合で存在感を示したのは2回。後半5分、右サイドからゴール前に放り込まれたパスに反応し、スライディングしながら左足に当てたシュート。その1分後、FWエルシャーラウィーのシュートをお膳立てするラストパスを通した場面だけ。どうやら序盤7試合で6得点だった好調時からは下降線だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    平成最後の欧米歴訪で総崩れ 令和外交はドン底から始まる

  2. 2

    巨人新守護神クック離脱に専門家「むしろ好機」と指摘の訳

  3. 3

    「集団左遷」初回13.8%も…福山雅治“顔芸”への違和感

  4. 4

    オード―リー春日は貯金7億? 10年愛実らせた“どケチ伝説”

  5. 5

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  6. 6

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  7. 7

    「勝利の方程式」崩壊危機…巨人が狙う“抑え助っ人”の名前

  8. 8

    「視聴率の女王」米倉涼子もビビらせた黒木華“怪演”の源泉

  9. 9

    まだ“愛の巣”で生活か? ZOZO前澤社長&剛力彩芽の近況

  10. 10

    演技より気になる…長谷川京子「ミストレス」での“唇と顔”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る