「6年180億円超」報道も FAの目玉レスターの争奪戦熾烈

公開日:  更新日:

 メジャーを代表する左腕の市場価値が高騰を続けている。アスレチックスからFAになっているジョン・レスター(30)のことだ。

 ウインターミーティングが行われているカリフォルニア州サンディエゴ市内のホテルではレスターに関する話題でもちきり。会場ではさまざまな臆測が飛び交った。すでにレスターを巡っては今季途中まで在籍したレッドソックスの他、世界一のジャイアンツ、カブス、ドジャースの4球団がオファー。当初は6年総額1億3800万ドル(約165億6000万円)を提示したカブスのリードが伝えられていた。しかし、交渉が大詰めを迎え、左腕の補強が急務となっているジャイアンツが条件を上積み。複数の米メディアが9日(日本時間10日)に伝えたところによれば、最終的にレスターの契約は6年総額1億5000万ドル(約180億円)につり上がるとしている。単純計算で年俸は約30億円の大型契約だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  9. 9

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  10. 10

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

もっと見る