「6年180億円超」報道も FAの目玉レスターの争奪戦熾烈

公開日: 更新日:

 メジャーを代表する左腕の市場価値が高騰を続けている。アスレチックスからFAになっているジョン・レスター(30)のことだ。

 ウインターミーティングが行われているカリフォルニア州サンディエゴ市内のホテルではレスターに関する話題でもちきり。会場ではさまざまな臆測が飛び交った。すでにレスターを巡っては今季途中まで在籍したレッドソックスの他、世界一のジャイアンツ、カブス、ドジャースの4球団がオファー。当初は6年総額1億3800万ドル(約165億6000万円)を提示したカブスのリードが伝えられていた。しかし、交渉が大詰めを迎え、左腕の補強が急務となっているジャイアンツが条件を上積み。複数の米メディアが9日(日本時間10日)に伝えたところによれば、最終的にレスターの契約は6年総額1億5000万ドル(約180億円)につり上がるとしている。単純計算で年俸は約30億円の大型契約だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  3. 3

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  4. 4

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  5. 5

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  6. 6

    10連休GWの小遣い稼ぎに「3月高配当」21銘柄いまから狙う

  7. 7

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  8. 8

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  9. 9

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

  10. 10

    AKBグループを蝕む“大企業病” 運営側グタグタ会見で露呈

もっと見る