日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ELカラバフ戦召集外で分かったインテル長友の“高評価”

 欧州リーグ(EL)の1次リーグ最終節でインテル(イタリア)が「90番台」の若手選手を大量投入した。

 11日のカラバフ戦(日本時間12日午前2時開始)は、アゼルバイジャンの首都バクーでのアウェー戦。首位通過が確定しているインテルは、DF長友佑都らレギュラー陣の大半が遠征メンバーから外れ、背番号97番の17歳FWボナッツォーリ、93番の17歳DFディマルコ、92番の18歳FWバルディーニといった若手がプレー。遠征メンバー17人中、ひとケタ背番号は6番のDFアンドレオッリ、7番のFWオズバルドの2人だけ。90番台が6人も含まれ、まるでユース部門の選抜チームだった。

 長友は7日に行われたセリエA・ウディネーゼ戦にフル出場。15日のキエーボ戦も先発が予定され、温存された。定位置だった左SBにブラジル代表DFドドが台頭。今季は右SBに回っているが、攻守ともにソツなくこなしている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事