復帰のインテル長友フル出場も…現地メディア評は“便利屋”

公開日: 更新日:

 9日(日本時間10日未明)に行われたセリエA第11節でホームのインテル・ミラノはヴェローナと対戦、2−2ので引き分けた。左ふくらはぎ肉離れやインフルエンザで試合を欠場していた長友佑都(28)は、9月28日の第5節カリアリ戦以来の復帰、右MFとして先発しフル出場を果たした。

 試合はヴェローナのFWルカ・トーニ(37)に先制されたインテルが、FWイカルディ(21)の2得点で勝ち越す。ところが、51分にDFがメデル(27)の退場し10人になっていたインテルは終了間際の89分、ヴェローナのFWニコラス・ロペス(21)に得点を許し、土壇場で2−2のドローに持ち込まれた。

■「左の控え」の評価は変わらず

 長友はヘディングでチームのファーストシュートを放つなど、積極的な姿勢を示した。その後も今までのうっぷんを晴らすようにキレのある動きを見せ、右サイドから好クロスをあげるシーンもあった。精力的なプレイで存在感を見せた長友に対し、イタリア紙「ラ・レップブリカ」は6点と上々の評価を与えたものの、かつてインテルで活躍したブラジル人のマイコン(33)らと比較され始め、現地でも評価の高い左サイドのドド(22)からポジションを奪うのは、容易ではなさそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  2. 2

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  3. 3

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  4. 4

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  5. 5

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  6. 6

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  7. 7

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  8. 8

    洪水に襲われた農地に小型冷蔵庫!その中身に全米ホッコリ

  9. 9

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

  10. 10

    知事選固辞の辰巳琢郎が二の足踏んだ石田純一の“二の舞い”

もっと見る