復帰のインテル長友フル出場も…現地メディア評は“便利屋”

公開日:  更新日:

 9日(日本時間10日未明)に行われたセリエA第11節でホームのインテル・ミラノはヴェローナと対戦、2−2ので引き分けた。左ふくらはぎ肉離れやインフルエンザで試合を欠場していた長友佑都(28)は、9月28日の第5節カリアリ戦以来の復帰、右MFとして先発しフル出場を果たした。

 試合はヴェローナのFWルカ・トーニ(37)に先制されたインテルが、FWイカルディ(21)の2得点で勝ち越す。ところが、51分にDFがメデル(27)の退場し10人になっていたインテルは終了間際の89分、ヴェローナのFWニコラス・ロペス(21)に得点を許し、土壇場で2−2のドローに持ち込まれた。

■「左の控え」の評価は変わらず

 長友はヘディングでチームのファーストシュートを放つなど、積極的な姿勢を示した。その後も今までのうっぷんを晴らすようにキレのある動きを見せ、右サイドから好クロスをあげるシーンもあった。精力的なプレイで存在感を見せた長友に対し、イタリア紙「ラ・レップブリカ」は6点と上々の評価を与えたものの、かつてインテルで活躍したブラジル人のマイコン(33)らと比較され始め、現地でも評価の高い左サイドのドド(22)からポジションを奪うのは、容易ではなさそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  3. 3

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    キミを守れなかった…金本擁護から逃げた坂井信也オーナー

もっと見る