男子初メジャーVへ 松山英樹がブチ当たるマキロイ攻略法

公開日: 更新日:

■ストロークゲインド・パッティングと最終ホールのグリーン

 気になる数字がある。

 米ツアーが新たに採用した「ストロークゲインド・ティー・トゥ・グリーン」がある。ショットのスコアに対する貢献度を示す数字で、マキロイは昨季1位で松山は6位。ショットはさして劣っていないのだが、グリーン上が問題なのだ。

 パットの出来がどれだけスコアに貢献したかを示す「ストロークゲインド・パッティング」はマキロイの41位に対して松山は156位と成績が悪すぎる。メジャーはマスターズをはじめ、4大会とも超高速設定となる。最終ホールでパット勝負になったときに、しびれずに打ちきれるか、が大きなカギとなる。14年のメモリアルに勝った際に松山は、「パッティングが最近の中で一番いい感触で打てていた。その影響でショットもうまく打てた」と語ったようにパットからゴルフを組み立てるタイプだ。14年マキロイが勝った全英では16打差39位タイ、全米プロは13打差36位タイと直近メジャー2戦では完敗だ。マキロイの勢いを止めるには、ここぞというときにパットを決められるかにかかっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松本潤主演「99.9」ヒロインが黒木華ではなく杉咲花のワケ

  2. 2

    資産家は極力お金を使わない 身に付けている節約習慣とは

  3. 3

    櫻井翔×広瀬すず「ネメシス」大苦戦 なぜつまらないのか

  4. 4

    小池都知事が大誤算…「東京五輪中止」ブチ上げの効果消失

  5. 5

    近藤真彦の非常識発言で明確に…ジャニーズ事務所の課題

  6. 6

    オリラジ藤森慎吾 “司会1時間1000万円”オファー断った嗅覚

  7. 7

    視聴率は絶好調「ドラゴン桜」が映さない東大卒の“現実”

  8. 8

    三田寛子が不倫を繰り返す夫・中村芝翫と離婚しない理由

  9. 9

    「ドラゴン桜2」若手は粒ぞろい “第2の長澤まさみ”が現れるか

  10. 10

    阪神エース西は体たらくいつまで?先発陣ボロボロ投壊寸前

もっと見る