八百長告発受理でアギーレ監督解任か 代表采配に大きな支障

公開日: 更新日:

 日本代表アギーレ監督の八百長疑惑の告発受理報道を受け、15日の日本サッカー協会には朝から大勢の報道陣、テレビカメラが詰め掛けた。原専務理事は「正確な情報は聞いていない。(情報の)確認はできていないのではないか。これからではないか」と困惑した表情で話すのがやっと。大仁会長は午前10時前に車でオフィスに入った。

 告発が受理されたことで、八百長が行われた疑惑が濃くなった。今後は予審判事による本格的な捜査が始まり、告発された全員が出頭を命じられ取り調べを受ける。予審は数カ月かかるとみられるが、現地の報道では起訴となる可能性が高い。

「金額が巨額(約1億4500万円)の上、銀行振り込みなどカネの流れがクリアで十分な証拠になる」(現地の記者)とみられているからだ。

 起訴され裁判となれば判決が出るには1、2年は要する。その間、裁判所に召喚されることもある。アギーレ八百長疑惑に関して、サッカー協会は「日本代表に支障が出ない」ことを続投の判断基準にしていた。日本代表はアジア杯のあと、3月にチュニジア、ウズベキスタンと強化試合。6月には18年W杯ロシア大会アジア1次予選が始まる。日程は目白押しだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  3. 3

    菅首相にバイデン“塩対応”…五輪は「開催努力」支持どまり

  4. 4

    松山は偉業達成も…ちょっと残念だった日本語優勝スピーチ

  5. 5

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  6. 6

    小池知事の無策が招くGW明け新規感染3800人の最悪シナリオ

  7. 7

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  8. 8

    ダウンタウン浜田雅功がアラ還にして成功した"可愛い戦略"

  9. 9

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  10. 10

    石原さとみ「恋ぷに」推測合戦に…すぐ離脱はもったいない

もっと見る