アギーレ告発を静観の協会 「危機管理」誤れば世界からそっぽ

公開日: 更新日:

 八百長疑惑の渦中に立たされているアギーレ日本代表監督(56)。

 2011年5月のスペイン1部リーグ最終節で「勝たないと2部降格」のサラゴサが、すでに1部残留を決めているレバンテ相手に2-1で勝利。試合前、サラゴサ側からレバンテの選手に計1億4000万円が支払われたとされ、サラゴサ幹部、当時のアギーレ監督、複数の選手が関与したとしてスペイン検察当局の捜査が及び、ついにバレンシア裁判所に15日、告発される騒動に発展した。

 16日、日本サッカー協会(JFA)には大勢の報道陣が詰め掛けた。

 アギーレ招聘の責任者である原博実・専務理事は「ノーコメント」と発してJFA事務局に入り、アギーレ監督を“事情聴取”したJFA法務委員長の三好弁護士は「状況を確認していく」とコメントした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大補強でも誤算生じ…V奪回義務の原巨人に燻る“3つの火種”

  2. 2

    菅野圧巻でも小林では G原監督を悩ます炭谷との“相性問題”

  3. 3

    「欅坂46」長濱ねる ファンは感じていた卒業発表の“予兆”

  4. 4

    北が安倍政権を猛批判 米朝破談で逆に日本を「脅威利用」

  5. 5

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  6. 6

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  7. 7

    テレ朝が異例抜擢 元乃木坂46斎藤ちはるアナの評判と実力

  8. 8

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  9. 9

    朝ドラで存在感 元乃木坂46深川麻衣は女優で大成できるか

  10. 10

    「超面白かった」宇多田ヒカルは直撃取材直後にブログ更新

もっと見る