右ヒジで頭部を…横綱白鵬が遠藤に食らわせた“プロレス技”

公開日: 更新日:

 その瞬間、土俵が四角いリングと化した。大相撲初場所6日目、横綱白鵬遠藤相手に、立ち合いからこめかみに張り差し。これだけでも横綱にふさわしくない手だが、グラつきながらも食らいつく遠藤に今度は右ヒジ一閃!

 ヒジで頭部を狙う様は、かち上げというよりはプロレスラーの故・三沢光晴ばりのエルボーだ。

 最後は押し出しで仕留めた白鵬は懸賞金を受け取る際、いつも以上に「どうだ!」と言わんばかりのしぐさ。今からでも遅くない。そんなに打撃技が好きなら、さっさとプロレスに転向した方がいい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜の地上波激減に友近真っ青…大きすぎた反旗の代償

  2. 2

    大阪の“二の舞”か5.4万人入院できず…迫る最悪の医療崩壊

  3. 3

    オリラジ藤森慎吾 “司会1時間1000万円”オファー断った嗅覚

  4. 4

    小池都知事が大誤算…「東京五輪中止」ブチ上げの効果消失

  5. 5

    菅政権に“地獄の2週間” 宣言延長と五輪中止は「5.28決着」

  6. 6

    三田寛子が不倫を繰り返す夫・中村芝翫と離婚しない理由

  7. 7

    「リコカツ」永山瑛太の新機軸 守られたい女子急増の予感

  8. 8

    夏目三久は有吉弘行を従えて…2ショットに見る“夫婦の形”

  9. 9

    夏目三久“女子の本懐”と玉の輿 フリーアナ戦線から一抜け

  10. 10

    ポスト夏目三久は誰?引退で熾烈な“椅子取りゲーム”が勃発

もっと見る