「一代年寄の国籍」めぐり続く白鵬と相撲協会の熾烈な“暗闘”

公開日: 更新日:

 横綱白鵬(29)の野望が木っ端みじんに打ち砕かれた。

 大鵬の記録に並ぶ歴代最多タイの32回目の優勝を達成した九州場所。その直後、「年寄は日本国籍を有する者に限る」という前提の下、北の湖理事長(元横綱)が白鵬への一代年寄の授与を改めて否定。

「昔から決まっていること。日本の伝統でもあるので、大事にしないといけない」と断言したからだ。

 白鵬は引退後、親方として自分の部屋を持ちたいという野望があるが、モンゴル国籍のままでは親方株の取得すら出来ない。そこで、帰化せずとも親方になるため、さまざまな策を弄してきた。

 そのひとつが内弟子だ。宮城野部屋に所属する幕下の石浦、三段目の大喜鵬、序二段の谷川山は白鵬の内弟子ということになっている。ある角界関係者が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  2. 2

    元宝塚男役トップ明日海りおは“ポスト天海祐希”の大本命

  3. 3

    渋沢栄一の不思議 なぜ“名を冠した企業”が1社しかないのか

  4. 4

    多部未華子の夢は「子育てに没頭」 ファンが案じる女優引退

  5. 5

    北川景子もハマっている「盛り塩」なぜ広まった?注意点も

  6. 6

    小池知事“菅攻撃”画策不発でブチ切れ!宣言延長も政争の具

  7. 7

    渋野はコーチと決別し遼ら助言…丸腰参戦に「最悪」の指摘

  8. 8

    小池知事「全国知事会コロナ対策会議」5回連続欠席のナゼ

  9. 9

    東電22兆円巨額裁判の行方「株主代表訴訟」弁護団長に聞く

  10. 10

    大河「青天を衝け」の死角 渋沢栄一の“カネと女”どう描く

もっと見る