錦織が全豪2回戦突破 手の内知り尽くすドディグに大苦戦

公開日:  更新日:

 相手のリターンがネットに突き刺さると、思わず安堵の表情を見せた。

 全豪オープン2回戦が22日に行われ、今大会第5シードの錦織圭(25)はクロアチアのイワン・ドディグ(30=世界ランク86位)と対戦。最後まで接戦を演じた末に薄氷の勝利を掴んだ。

 序盤は得意のショットが決まらず、ミスが響いて第1セットを4-6で落とす。

 第2セット以降も相手の強力なサーブに苦しみながらも奪取。第4セットは5-3とリードされながら、10ゲームでブレークに成功。タイブレークまで持ち込み、最後は7ポイントを連取して3回戦進出を決めた。

 3回戦はS・ジョンソン(米国=同38位)と対戦する。

▽錦織のコメント
「簡単な相手ではなかった。今日は暑かったですし。相手は攻撃的でつらい戦いだった。ファイナルにいかず4セットで勝てて良かった」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  3. 3

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  4. 4

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  5. 5

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  6. 6

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  7. 7

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  8. 8

    巨人“台湾の大王”王柏融スルーは広島FA丸取り自信の表れ

  9. 9

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る